真田丸 ネタバレ 45話 完封、大阪冬の陣ついに開戦

慶長19(1614)年11月19日、大阪冬の陣がついに
開戦します。いよいよ赤備えの真田幸村が戦いの場に
姿を現しましたね!

徳川勢の襲来を前に、豊臣方の方針は籠城と決まります。
真田信繁(真田幸村)(堺雅人)は城の南側に出城を築き、
真田丸と名付けました。


大阪冬の陣の前哨戦

深夜、徳川方の蜂須賀勢が、明石全登(小林顕作)の隊が守る
木津川口砦を襲い、奪い取ったのです。
その時、明石全登は大坂城内にいて、祈っていました。
砦が襲われたと報告が入りますが、遠くから見守るしかありません。

さらに11月26日未明、今福の砦を徳川方の佐竹義宣が襲います。
木村重成(白石隼也)が初陣なので、後藤又兵衛(哀川翔)
とともに今福の砦へ向かわせました。
8千に膨らんだ徳川勢に、重成隊は為す術がありません。

広間、幸村は織田有楽斎(井上順)大蔵卿局(峯村リエ)らに
敵の狙いは城の南側だと説明します。敵の布陣を見ると、
南には徳川家康の孫・松平忠直、井伊直政の次男・井伊直孝、
伊達、藤堂、前田などの大名が布陣しているからです。
幸村は「その敵をここで迎え討つ。真田丸で」と扇で示しました。

織田有楽斎が城内の様子を徳川方へ…

毛利勝永(岡本健一)が幸村を隅へ誘い
「気にあることがある。木津川が襲われたのは明石がおらぬ
夜だった。今福の砦は守りの兵を増やそうとしていた矢先に
攻め落とされた。おかしいとは思わんか?」と聞きます。
幸村は「城内の様子が漏れていると?」と答えました。

幸村は有楽斎だけを誘って大坂城の厨へ行きます。
大角与左衛門(樋浦勉)のところで、
与八(今野浩喜)が働いてました(笑)
幸村は勝つ自信がなく不安だと打ち明け、
城の西にある博労淵の砦が手薄だと相談します。

有楽斎は「亡き兄の言葉にこのようなものがある。
『心が弱気になっておると、どんな敵も大軍に見える』
弱気は禁物ですぞ、左衛門佐殿。心配はご無用」
とアドバイスしてくれました。

真田丸に戻った幸村の元へ、高梨内記(中原丈雄)が
博労淵の砦が敵に落ちたと知らせに来ます。
幸村は「守りの兵は先に逃がしておいた。やはりあの男」
とつぶやきました。わかりやすすぎでしたね。
それとも、あるいは…。

真田信之の妻・稲とこう、真田幸村の妻・春

江戸真田屋敷、松(木村佳乃)が大坂から戻ったので、
真田信之(大泉洋)がねぎらっていると、
河原綱家(大野泰広)が「左衛門大夫殿がお見えにございます」
と知らせに来ます。

福島正則(深水元基)平野長泰(近藤芳正)賤ヶ岳七本槍の2人が
現れたのです。正則と長泰は兵糧を徳川方へでなく、豊臣方へ
運びたいので、信之に協力して欲しいと頼んできました。

稲(吉田羊)は大反対しますが、こう(長野里美)は蔵には
そば粉1700貫、そばがきにすると10万個、1000人が
1ヶ月以上もつと計算してくれてましたね。

一方、真田幸村は大坂城三の丸へ行き、春(松岡茉優)に
会いに行きました。
幸村は「戦が始まったら、決して城からは出てはいけない。
ここで梅を守る。それがお前の役目じゃ」と春の手を取って
言い聞かせます。

きり(長澤まさみ)が声をかけられずにいると
茶々(竹内結子)が後ろから現れ「私の侍女になりなさい」
と命じます。寸(大西礼芳)がきりにあいさつしてきました。


真田幸村 VS. 井伊直孝 赤備え VS. 赤備え

徳川家康(内野聖陽)は茶臼山に本陣を構えました。
徳川秀忠(星野源)が真田丸を軽んじるので
家康はいかに徳川にとって脅威なのか解説します。
鉄砲隊が千以上も入る大きさ、南側がすべて見渡せる場所、

本多正信(近藤正臣)が高さがあるとつけ加えると
家康は「真田丸は高台にある。こちらからは攻めにくく
しかも上からは一斉に撃ちかけられる。考えただけで
肝が冷える」と絶賛しました。

真田丸の櫓から、真田幸村と内記が外を眺めます。
内記が「あちらにも赤備えがおりますぞ」と言うと、
幸村は「あれは井伊直孝の陣だ。かの井伊直政の次男坊だ。
あちらにもここに至るまでの物語があるのだ」と答えました。
来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の宣伝みたいでしたね。

徳川家康、真田丸攻めを上杉に命じる

徳川家康は上杉景勝(遠藤憲一)直江兼続(村上新悟)
を呼びつけ真田丸を落とせと命じます。家康は関が原の戦いで、
上杉が楯突いたことを根に持っていていたのです。

大坂城、豊臣秀頼(中川大志)が総大将として先陣に立ちたいと
言い出します。大蔵卿局や有楽斎だけでなく、幸村も止めました。
すると茶々が自分が行くといいだし、大野治長(今井朋彦)に
準備をさせます。きりが茶々についていて、幸村はびっくり!

茶々がきらびやかな扮装で現れ、内記や作兵衛は
あっけにとられます。きりもうんざりしてました。

真田幸村、先手を打つ

徳川家康は真田信吉(広田亮平)真田信政(大山真志)にも
上杉軍の下で真田丸を攻めろと命じました。

矢沢三十郎(迫田孝也)と小山田茂誠(高木渉)が
目配せをします。三十郎は口笛で佐助(藤井隆)を呼びます。

佐助から密書を受け取った幸村は、秀頼と治長の了解を取て
大坂牢人五人衆と木村重成とともに動き出しました。


大助の高砂で前田勢を誘い、真田丸で迎え討つ!

翌未明、大助や堀田作兵衛(藤本隆宏)は真田丸の前方、
篠山という高台に身を潜めました。
前田勢の正面に出た大助が、六文銭の旗を振って
高砂の一節を歌って、挑発します。
怒った前田勢が攻めて来ると、真田勢は引いていきました。

前田勢につづいて、井伊勢が押し寄せてきます。
その動きを確認していた幸村は櫓から降りて
鉄砲隊に準備させました。

幸村から内記、内記から佐助に合図が送られると
佐助は城内で爆薬を破裂させます。
豊臣方が仲間割れを起こしたと勘違いした前田勢が
攻めかかってきました。
毛利勝永(岡本健一)が勝手に真田丸の櫓に来てしまいます。

幸村は重成に「忘れるな。敵をひとつの塊と思ってはならぬ。
しょせん人の集まりじゃ」とアドバイスしました。

その前田勢を、真田勢と重成勢の鉄砲隊が銃撃します。
空堀に落ちた前田勢は、逆茂木や乱杭ではいあがれません。

ところが、一部のかんぬきが開かなくなって
一部の前田兵が城壁を乗り越えてきます。
真田幸村と後藤又兵衛がかけつけ、刀と槍で斬りつけました。

日の本一の兵、真田左衛門佐

毛利勝永がかんぬきを鉄砲で撃ち抜いて、
長宗我部盛親(阿南健治)らが石落としでの攻撃を再開します。
前田勢はたまらず敗走していきました。

真田幸村は馬に乗って「我こそは真田左衛門佐幸村」と名乗り
作兵衛らとともに前田勢をなぎ倒していきました。
徳川勢は総崩れとなります。

真田勢の戦いを眺めていた上杉景勝は
「日の本一の兵~!真田左衛門佐」と叫びうれしそうに笑いました。

家康の陣、徳川家康は「前田と井伊を引き上げさせろ。
次の手を考える」と不満顔です。

馬上で槍を抱えた真田幸村が真田村へ戻ってきました。
「勝ちどきじゃ!」「えい!おー!」と歓声が上がります。

重成が「すぐに秀頼公にお知らせしてまいります」と言うと
幸村は重成を呼び寄せ「これから話すこと決して人にもらすな。
実はかような大戦ははじめてなのだ。心の臓が口から
飛び出そうであった」と打ち明けました(笑)
次週予告で、出浦昌相(寺島進)が映ってましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る