べっぴんさん ネタバレ 7週 未来

すみれ(芳根京子)のもとへ、紀夫(永山絢斗)の両親が
訪ねてきました。
そして「紀夫のことは、もう諦めてもらえないだろうか」
と思わぬ言葉を切り出してきます!

すみれは紀夫に「あいたくて、あえなくて」という
思いをずっと抱いてきたのですが、つらい現実を突きつける
言葉です。紀夫は戦死したのでしょうか?

良子(百田夏菜子)君枝(土村芳)が何気なく家族の悩みを
話しあうのを聞いて、すみれは傷つきます。


ベビーショップあさや移転する

麻田(市村正親)が商店街の空き家に
ベビーショップあさやを移転したらと提案してくれました。
すみれたちはイメージをふくらませ、移転を準備をはじめます。

栄輔(松下優也)はすみれに思いを寄せていました。
そして、さくらが栄輔を「お父さん」と呼び始めます。
動揺する栄輔に、潔(高良健吾)は「すみれを好きになってはダメ」
と釘を刺しました。

すみれは五十八(生瀬勝久)から、前を見て、未来を見て
生きていくようアドバイスを受けます。
ある朝、すみれに一通の手紙が届きました。
どんな内容なんでしょう?

すみれは新しい店の名前を考えついて、明美(谷村美月)たちに
伝えます。
ゆり(蓮佛美沙子)は近江の本家に居候しながら、
潔の仕事をサポートすることになりました。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る