真田丸 ネタバレ 44話 築城、真田幸村の赤備え

いきなり本編へ突入しましたね。
真田幸村(堺雅人)は籠城策を取らず、城から討って出る
大掛かりな策を立てます。長い軍議の末ようやく
大坂牢人五人衆の意見はまとまりますが、
茶々(竹内結子)の鶴の一声で籠城になってしまいました。

本多正純(伊東孝明)が「籠城と決まったようでござる」
と大坂城からのメモを持ってきます。
徳川家康(内野聖陽)は「これで勝ったの」とつぶやきました。

幸村は図面を開いて、高梨内記(中原丈雄)に
「この城の一番の弱みは南。西に行けば海があり
東と北は川がある。南にだけは敵を遮るものはない。
私が徳川なら間違いなく南に本陣を置く。
よって、ここに出城を築く」と白い碁石を置きます。
いよいよ真田丸と赤備えの登場です。


真田幸村と後藤又兵衛、出城を考える

堀田作兵衛(藤本隆宏)佐助(藤井隆)が大坂城に到着します。
すえ(恒松祐里)が仮祝言を挙げたと聞いて
幸村はうれしそうでした。
真田信吉(広田亮平)真田信政(大山真志)が
徳川方についたと聞いて、幸村は「覚悟はしておった」と言います。

真田幸村は大野治長(今井朋彦)に出城を築きたい
と相談します。すると後藤又兵衛(哀川翔)も
同じ考えだと教えてくれました。

大坂城内の廓へ行って、幸村は又兵衛と話します。
大角与左衛門(樋浦勉)がお酒とつまみを出してくれました。
幸村は同じことを考えていたと言って、
勝てる出城の具体的な策を説明していきます。

出城の前に空堀を掘って、逆茂木と乱杭を置き
敵の前進を困難にします。さらに誘い道を置いたり
鉄砲隊を二列にして連射を可能にすると話しました。
又兵衛は面白いと大賛成し、幸村に出城を譲ってくれます。

大坂牢人五人衆 真田幸村の策に賛成する

真田幸村は大坂牢人五人衆らに布陣を説明しました。
幸村は6千の兵で出城を守り
木村重成(白石隼也)の8千は平野口
長宗我部盛親(阿南健治)の5千は八丁目口
明石全登(小林顕作)の4千は木津川口を押さえます。

後藤又兵衛は遊軍としてその間を埋め
毛利勝永(岡本健一)は4千5百の兵で天神橋に陣取り
北の守りを固める策です。
全員「承知!」と賛成してくれました。

大坂牢人五人衆 VS. 大蔵卿局と織田有楽斎

豊臣秀頼(中川大志)は幸村の陣立てに感心しますが
大蔵卿局(峯村リエ)織田有楽斎(井上順)は反対します。
要所要所を大坂牢人五人衆を固めているだけでなく
真田幸村の出城が怪しいというのです。

真田信之(大泉洋)の息子たちが徳川方に加わってるので
幸村も徳川に通じてるのではと疑ってきました。
大蔵卿局は「作り直しじゃ」と地図をくしゃくしゃに
してしまいます(汗)

治長と重成が大坂牢人五人衆のところへ来て、
陣立てのやり直しを伝えました。大坂牢人五人衆は唖然とします。
豊臣方が出してきた新しい布陣には、要所要所に豊臣普代衆の
名前しかなく、牢人衆の名前も幸村の出城もありません。

又兵衛、勝永、盛親が豊臣から去ろうとするのを
幸村は「早まるな!この件、私に預かれせてくれ。
お方さまに掛け合ってくる」と押しとどめます。


真田幸村、茶々に直談判するが…

真田幸村が頼みに行くと、茶々は天正カルタを並べ
神経衰弱をはじめました(笑)
茶々はしばらく大人しくしておくことだと言い、
幸村にカルタをめくるように言います。

茶々は幸村以外の牢人を信じることができないと話し、
出城だけ許すのはどうかと手を握ってきました。
幸村は牢人たちのことを信じてもらえないなら、
他の策を考えると出ていきます。

廊下で治長と重成が待っていました。
治長は「腹はくくった。戦をするのはそちらだ。思うようにされよ。
私のことは気にされるな。頭の堅い奴らに任せていては、
戦は勝てぬ。すぐに出城作りに取り掛かられよ」と言ってくれます。
大野治長は頼もしいですね。

真田丸の築城、赤備えの鎧兜の準備が始まる

普請場で出城の作業が始まります。
内記が20日で完成すると言うので、
幸村は「敵は待ってはくれぬぞ」と急がせました。

そして作兵衛に「鎧を集めてくれ。色は赤。武田の武勇の証よ。
真田勢すべての鎧兜を大至急。真田の兵は赤備えと世に知らしめる。
金は秀頼公から頂いたものがある」と指示します。

徳川秀忠(星野源)が二条城に入りました。
家康が「ずいぶんと早かったのう」と言うと
秀忠は「関ヶ原の二の舞いにならぬよう急いで」と答えます。
家康は「考えが浅い!そなたは将軍だ。焦らずゆっくり進軍してこそ
徳川の大きさを世に知らしめることができるのだ。
いつまでも関ヶ原を引きずるな」と叱りつけました。

家康の命を受け、全国の大名も京に集結し、
30万に膨れ上がったと3Dマップで説明があります。

松、真田信之の命を、信吉信政兄弟に伝える

松(木村佳乃)河原綱家(大野泰広)が信之の命を受け
真田の陣近くの寺に来ますが、女なので中に入れません。
すると「丹田に力を入れて」と女の声が聞こえてきました。

出雲阿国(シルビア・グラブ)が女たちに舞を教えています。
松が「座がしら、私です。藤です」と駆け寄りますが、
阿国は覚えてません。
どうやら松が世話になったのは先代の出雲阿国だったようです。
出雲阿国たちが徳川の陣へ行くと言うので、松は舞妓に変装し
真田の陣へ入りました。

松は「これよりお父上より預かった言葉を伝えます。
あなた方の叔父上が敵方にいます。源三郎は言いました。
決して真田同士で刃を向けあってはならぬと。
どのようなことがあろうと、身内同士で争うことは避けねば
なりません。戦が始まったら真田勢はできるだけ後ろの方に
控え、じっとしていること。それがあなた方の父上の命です」
と言います。

真田信吉(広田亮平)は賛成しますが、
真田信政(大山真志)は反発して出ていき、
矢沢三十郎(迫田孝也)が追っていきました。

その頃、真田信之(大泉洋)は江戸へ呼び寄せた
小野お通(八木亜希子)のところで、まったりしてます。
お通はしびれに効く、心が穏やかな香を炊いてくれました。
稲(吉田羊)は帰ってきた信之の匂いに気づいてましたね(笑)


織田有楽斎と大蔵卿局、出城に猛反対

大坂城の普請場へ、作兵衛が「1つ作りました」と
赤備えの鎧を着た与八(今野浩喜)を連れてきました。
与八は漆にかぶれたと不快そうです(笑)
幸村は「私が考えていたのはもっと強い赤だ。3度塗れ」と命じます。

織田有楽斎が見回りに来て「何を作っているのか?」と聞くと
与八は真田の出城を作っているともらしてしまいました。

秀吉の居室、治長が出城の普請を許可したと言うと、
有楽斎と大蔵卿局が責めてきます。
有楽斎は「真田が裏切ったらどうする?
あれの父親は裏切りに裏切りを重ねて、生き残った男にございます」
とまったく信用してません。

有楽斎と治長が普請場へ来て、普請の中止命令を出します。
治長は「ここでやめればお咎めなしと秀頼公はお仰せられた。
すまぬ」と小声で言って、幸村の肩をたたきました。

豊臣秀頼、真田幸村の出城に賛成する

夕方、幸村が1人で櫓に立っていると、又兵衛と勝永が来て
「今夜、城を出る。お前も来ないか」と誘ってきました。
幸村は「豊臣を見捨てる訳には行かぬ」と断ります。

豊臣秀頼が治長と大野治房(武田幸三)とともにやって来ました。
治房と又兵衛はにらみ合いです(汗)
秀頼は「ここに出城とはよう考えたものだ。私は前々から
思っていた。この城は南が弱いと。さすがは戦上手の真田、
なにやら仕掛けがたくさんあるようだ。
左衛門佐、豊臣を見捨てぬというのはまことだな?」と聞きます。

幸村は「私は亡きお父上、太閤殿下にお誓い申し上げました」
と言うと
秀頼は「この出城、仕上げよ。私が許す。私はそなたらを
信じておる。頼りにしておるぞ」と幸村の手を取りました。

秀頼は茶々のところへ行って「この城の主は私です。
この戦、牢人たちの力を借りねば、我らの負けでござる。御免」
と出ていきます。茶々はうれしそうに笑いましたね。

徳川家康と徳川秀忠、大坂に布陣する

家康軍は京を出て、大坂の住吉に布陣、
秀忠軍は平野に布陣したと3Dマップで解説があります。

佐助が徳川方の布陣を探ってきました。
真田信吉らは東側でしたが、出城の前に上杉軍がいます。
幸村は「御屋形様が来ておられるのか」とつぶやきました。

住吉の家康の陣、伊達政宗(長谷川朝晴)上杉景勝(遠藤憲一)
直江兼続(村上新悟)らに混じって、
真田信吉、信政、小山田茂誠(高木渉)の姿もあります。
政宗が「集まった牢人衆の中には、真田左衛門佐もおるとか」
と言うと、景勝は「源次郎が」と驚きました。

家康が来て「ご一同、ようご参陣くださった。
大坂城に立て篭もり、世の安寧を脅かす不埒者たちを
これより成敗いたす!難攻不落といわれる大坂城ではあるが
そこに籠もるは大半が有象無象の牢人ども!
我らの勝利、間違い無しじゃ!」と檄を飛ばします。

赤備えの兜が完成する

真田幸村と又兵衛、真田大助(浦上晟周)木村重成が
大坂城を見回ります。
塙団右衛門(小手伸也)が「団右衛門でござる」
と大助に名札を渡してきました。
この名札、どこかで役に立つのでしょうか?

明石全登はミサの支度があると行ってしまいました。
幸村は大助に「キリシタンの兵はすこぶる強い。
なぜだかわかるか?死を恐れぬからだ」と説明します。
作兵衛が「できました!」と赤備えの兜を持ってきました。
鹿の角がついています。

後藤又兵衛が「こんな寄せ集めで30万に勝てるのか?」
と質問してきました。
出来上がった赤備えの兜を見ていた真田幸村は
「もちろん。我らは関ヶ原で苦渋をなめた。
まことの戦を体で知っている。一方、敵はどうだ?
ほどんどが戦場を知らぬ者たちだ。この差は大きい」
と自信にあふれた表情です。

真田丸が完成する!

徳川家康が陣を見回っていると、兵たちが仕寄せをしてる
と言います。
家康は「違う!」と叫んで、本多正信(近藤正臣)とともに
実践して見せました。秀忠はうんざりしてましたね(汗)

やがて、ぐったりした家康が縁に座りました。
正純が大坂城内からの文を持ってきます。
敵の布陣が書いてありますが、家康は細かくて読めません。
家康が出城を指し「誰が守る?」と聞くと
正純は「真田左衛門佐」と答え
家康は「また真田!」と立ち上がります。

大坂城の南側に出城が完成し、櫓の上に
赤備えの鎧兜の幸村、内記、大助が立っていました。
他の兵たちもみんな赤備えです。

内記が「ようやく間に合いましたな」と言うと
幸村は「これでようやく城持ちになった。作兵衛、旗を」と指示します
作兵衛が「はい」と応じ、真田家の家紋である六連銭が染め抜かれた
真っ赤な旗が一斉に上がりました。
高梨内記が「城の名は?何とします?」とたずねると
幸村は「決まっているだろう。真田丸よ」と答えましたね。

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る