べっぴんさん あらすじ ネタバレ 27回 良子、店を辞める

軍服を着た男が、あさやへやって来ました。
良子(百田夏菜子)の夫・小澤勝二(田中要次)です。
かなりの年の差カップルですね。

すみれ(芳根京子)は「よかった」と言いますが、
紀夫(永山絢斗)のことを思い出してました。

すみれのバラックで、良子が「大きくなったでしょ」と
龍を差し出すと、
勝二は「ほんまや、大きくなったな」と抱きしめます。
良子たち3人はお礼を言って、帰っていきました。


良子と勝二は年の差カップル

すみれのバラック、君枝(土村芳)が夫のことを心配するので
すみれはお互い頑張ろう、必ず帰ってくると励まします。
喜代(宮田圭子)がお茶を入れてくれました。

良子のバラック、良子はイモを毎日ふかしてると
蒸し器の底の水が蜜のように甘くなると言って
その汁を出してくれます。
勝二は龍一に全部食べさせてと言いました。
龍一はキョロキョロ見てましたね(笑)

勝二は上海の港へ行っていたといいますが
それ以上話そうとしません。
良子が「明日は店に行くのやめるわ」と言うと
勝二は「わしのこと気にせんと行きなさい」と言います。

夜になって、明美(谷村美月)があさやへやって来ました。
麻田(市村正親)がみんな心配していたと言うと
明美は「うち病院クビになってもうた」と打ち明けます。
麻田が「なんとひどい話や」とお茶を入れてあげると
明美は「うちはそういう星のもとに生まれたんや」
と落ち込んでました。
麻田が「あかん言うてますやろ、そんな考えは」と注意すると
明美は「みんなには言わんとってな」と頼みます。


明美は通訳、良子は留守番

翌朝、すみれと君枝(土村芳)があさやへ行くと
明美がいて「昨日は堪忍な。急な患者が来てもうて
抜けられんかった。その代わり今日からしばらくゆっくり」
とウソをつきました。

やがて良子もやって来ます。
ランディ夫妻からテーブルクロスの注文があり
通訳を頼むと、明美はOKしてくれました。
良子は留守番をすると言います。

明美「1人で大丈夫?ちゃんとお客さんの相手できるの?」
良子「大丈夫に決まってるでしょ。子どもと違うんですから。
そんな心配しないで下さい」
明美 VS.良子の言い合いが始まりました(汗)

ランディ夫妻のテーブルクロス

すみれ、良枝、明美はランディ夫妻の家へ行き、
ランディ大佐(ブレイク・クロフォード)
妻・リサ(ミッシェル・タケ)に話を聞きます。

明美がリサの英語を通訳しました。
リサの母国の友人が久しぶりに集まるので、
その人たちを迎える特別なテーブルクロスが欲しいのです。

君枝が「パッチワークはどうかしら?」と提案すると、
すみれは「ええねえ、君ちゃん!何か、何かな
お友達の思いが1つに集まるようなデザイン考えてよ」
と頼みます。

明美がパッチワークについて説明し、描いたデザイン画を
持ってくると言うと、リサはうなずいてくれました。


明美 VS.良子 仲直りできそうにありません

すみれたちがワクワクしながら店へ戻ってくると、
良子が「私、辞める」と言い出します。
明美が「わかった。お客さまに怒られたんと違う?」と聞くと
良子は「違う。そんなことではありません」と否定しました。

良子の夫・勝二の仕事がすぐ見つかりそうなので、
良子には家にいて欲しいというのです。

明美「ええなあ。うらやましいわ。奥様はのんきで」
良子「何よ!悔しかったら自分も奥さんになればいいんと違う?」
明美「おあいにくだけど、私は仕事を持ってますから」

すみれ「ご主人と話してもらうことは難しい?」
良子「主人を支えるのが私の一番の仕事やと思うの」
すみれ「良子ちゃんがいないと困ることがたくさんあるの」
良子「ごめん。今までありがとう」
明美「ご苦労様でした。ほな、うちらは仕事や仕事や」
幸せな四つ葉のクローバーは欠けてしまうのでしょうか?

明美が皮肉を言い、良子が言い返し、険悪な空気が流れました。
しばらく明美と良子は仲直りできそうにありませんね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る