べっぴんさん あらすじ ネタバレ 26回 明美 VS.良子

すみれ(芳根京子)ゆり(蓮佛美沙子)対照的な2人ですね。

すみれはベビーショップあさやを開店させて順調ですが
ゆりは夫の潔(高良健吾)が逮捕されたと言いに来ます。

すみれはお店があるので
五十八(生瀬勝久)忠一郎(曾我廼家文童)が
ゆりと警察へ行くことになりました。


派手な麗子登場で、明美と良子がぎくしゃく

ベビーショップあさやへ、派手な服を着た女性・
麗子(いちえ)がアメリカ兵と一緒に来たので、
時子(畦田ひとみ)たちは帰ってしまいました。

麗子が肌着を取り「1回洗ったら縮んで終わったりせえへん?」
と聞くので
君枝(土村芳)は「大丈夫です。最初に洗って縮ませてますから」
と答え、麗子は高い声で感心します。

麗子が「なんぼや?」と聞くので
すみれが「100円でどうですか?」と聞くと
麗子は「安い」とびっくりし、4枚もお買上げ!
「アイアムベリハッピー」と大喜びで帰っていきました。

良子(百田夏菜子)が「あー怖かった」と言うと
明美(谷村美月)が「ちょっとあんた、お客様やで。
お客様相手に何なのあの態度。ほんま感じ悪いわ」と注意します。
すみれが間に入って止めますが
明美は「嫌や。これだからお嬢さんは嫌なんや」と言いました。
良子と明美、ぎくしゃくしてましたね。


潔の釈放、喜代は赤ちゃんの世話にチクリ

大阪の警察署へ、ゆりが五十八と忠さんと到着すると、
栄輔(松下優也)が廊下で待っていました。
ゆりが五十八を紹介すると
栄輔は感激して、握手を求めてきます。

潔と一緒に工場へあいさつへ行くと、
坂東さんにお世話になった。五十八さんは元気か?
と言われたと栄輔はうれしそうです。

やがて潔は釈放されますが、疲れ切ってました。

すみれのバラック、喜代(宮田圭子)は「子どもの世話って
1足す1足す1で3人分という訳にはいかないんですね」
とすみれたちにチクリと言います。
良子が「龍ちゃん、ええ子にしてた?」と赤ちゃんに聞くと
喜代は「ええ子やないよ」と笑いました(汗)

潔、大人の対応?をする

大坂の闇市、潔のバラックへ帰ってくると、
めちゃくちゃにされていました。

玉井(土平ドンペイ)たちが露天商に因縁をつけていたので
栄輔が突っかかっていこうとしますが、
潔が止めます。

玉井が「場銭を払わん店はこないなふうになるらしいで」と言うと
潔は「なんぼや?場銭は」とたずねました。
玉井が「300円」と答えると、潔が素直に払い、
露天商もかばってあげました。
離れて見ていた根本(団時朗)がニヤリと笑い去っていきます。

夜になって、栄輔がすみれのところへ来て
潔が釈放されたと教えてくれました。


ランディ夫妻からのテーブルクロスの注文

良子は赤ちゃんを背負い
バラックの入り口に
「龍二さんへ 港町商店街のあさや靴店にいます 良子」
と貼り紙をして出かけていきました。

一方、病院の明美は院長からリストラを言い渡されます。
外地へ行っていた看護婦たちが帰って来るのです。

君枝がテーブルクロスの注文をもらってきます。
縦150cm横260cmの大きいものです。
元は村田家だった家に住んでいるランディ夫妻からの
注文でした。

すみれが君枝に「明美さんに通訳してもらおう」と提案すると
良子は「明美さんね…別に」と下を向きます(汗)
良子は明美から接客態度を注意されたのです。

君枝が「明美さんの言うこと間違ってないと思うよ」と言うと
良子は「私はあの人、好かんのよ」と打ち明けます。
すみれが「良子ちゃん、これから4人でやるんやから」言うと
良子は「4人ていうても、あの人は看護婦さんでしょ」
と浮かない顔です。

病院からの帰り道、明美はマツ(中島ひろ子)との写真を見て
「何でやろうか。何で、うちは」とつぶやきました。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る