べっぴんさん あらすじ ネタバレ 21回 エイミーのドレスを作る

すみれ(芳根京子)は良子(百田夏菜子)君枝(土村芳)
と一緒に、何かできないかと考えます。
しかし君枝の義母・琴子(いしのようこ)から
「商売に誘うのはやめて下さい」と釘を刺されてしまいました。

バラックへ戻ると、ジョン(ドン・ジョンソン)がいて
エイミー(シャーロット・ケイト・フォックス)が体調を崩し
すみれに会いたいと言ってると話します。
そこへ栄輔(松下優也)が
大量のおしめの生地を届けてくれました。


すみれ、明美を引き込んでいく

すみれは病院へ明美(谷村美月)を訪ね、
生地を分けてあげました。
すみれは「こないだ明美さんに言われた事やけど。
今振り返って自分でも世間知らずで無知やったと思う。
知らないうちに傷つけてしまって、ごめんなさい」
と謝ります。

そして「でも今の私はあの頃とは違うんです。
私は娘と生き抜くために何でもしないと」と言いました。
明美は「ほんで?おしめを必要としてる人はおるんか?」
作り方だけ教えるわ。勘違いせんときや。これのお礼や」
とぶっきらぼうながら、協力してくれることになります。
すみれ、じょじょに明美を引き込んでいきましたね。

バラックへ戻ったすみれは、生地を煮沸消毒しました。
喜代(宮田圭子)に「何してんですか?」と聞かれ
すみれは煮沸消毒して、のりと油気を落としている
と説明します。
すみれはその生地を縫って、おしめを縫い上げました。


すみれ、エイミーのドレスを作る

マクレガー家、すみれがおしめを持っていくと
エイミーは「これだわ!この形!サンキュースミレ」
と感謝します。
しかしエイミーの陣痛が始まったので
すみれはジョンに車を出してもらいました。
やがて元気な赤ちゃんが生まれます。

数日後、すみれは明美を連れて、マクレガー家を
訪れました。
赤ちゃんを出したエイミーとジョンがいます。
明美は生地を折って、おしめを作って
赤ちゃんにはかせてみせました。

エイミは赤ちゃんを抱いて笑顔になって
「スミレ、この子に何かすてきな物を作ってくれない?
この子がお母さんになっても大事にできるようなドレスよ」
と頼んできます。
すみれは「やらせてください」と答えましたね。


ドレス作りを良子と君枝が手伝ってくれる

バラックへ戻ったすみれは半分焼けたウェディングドレスを出し
「お母さま、ええ?」と聞きました。
写真のはな(菅野美穂)は
「すみれ、ええよ」と答えます。

すみれは村田家に君枝を訪ねました。
龍一を連れた良子も来ています。
すみれが「実はね、赤ちゃんの洋服の注文を受けたの」
と相談しました。

良子が「どんな洋服なの?」と聞くので、
すみれが「デザインは任せるって言われてるんやけど。
赤ちゃんが、大人になって、その子供にもまた着せられるような、
その子がまた子供にも着せられるような、ずっと大事に
できるようなもんがいいって」と説明し、
アメリカ人通訳の赤ちゃんだと言います。

すみれがはなのウェディングドレスを出し
「エイミーさんが、娘に残したい思いは、このドレスを
残してくれたお母様とおんなじ思いやと思う。
この焼け残ったドレスで、あの赤ちゃんの宝物を作れる思うたら。
遠く離れた外国で、何十年も先まで大事にされるのよ。
これだけ、2人に協力してもらえたらって思ってるんやけど」
と涙を流して頼みました。
良子と君枝は了解してくれて、ドレス作りを
手伝ってくれることになりましたね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る