べっぴんさん あらすじ ネタバレ 19回 明美と良子

すみれ(芳根京子)は明美(谷村美月)をやっと探し出します。
明美は冷たかったけど、おしめをつくるヒントをくれました。
それをきかっけに、すみれは動き出します。

さらに時子(畦田ひとみ)がしていた腕時計から
良子(百田夏菜子)との再会を果たしました。
うまく歯車が回っていくといいですね。


外国式のおしめのヒント やわらかい生地

すみれは外国式のおしめの作り方を教えてとお願いします。
しかし、明美は「嫌や。あんた、ほんまにお嬢さんなんやな。
苦労したことがないからそんなふうに思えるんや。
ほんま甘いわ」と去ってしまいます。

でも、すみれは諦めませんでした。明美を追いかけていって
「私が思うてること間違ってますか?」とたずねました。
明美はマツ(中島ひろ子)を覚えてるかと聞くので
すみれは「小さい頃にやさしくしてもらったの覚えてます」
と答えます。

明美は子供の頃に坂東家を訪ねたら、お菓子を盗もうと
疑われたと打ち明けました。
そして、貧乏だから、バカにされ、泥棒扱いされ、
悔しい思いをしてきたので、必死に勉強して、
お金をためて楽させたいと思っていたのに、
マツは亡くなったと話します。

そして、すみれについて「あんたのせいとは思わへん。
けど、あんたたちのせいやと思うてしまうんや。
一緒になんて無理や」と言いました。

最後に明美は「それに材料なんてあらへん。外国のおしめ
いうのは、肌触りがよくて、やわらかくて、水をよう吸う
生地があらへんと。このご時世、そんなん簡単に
手に入らへんやろ」とヒントを教えてくれます。

すみれ(渡邉このみ)がくれたクッキーを
明美(坪内花菜)が投げ捨てたことは言いませんでしたね(汗)


知らんうちに誰かを喜ばせとったり

バラックに帰ったすみれは喜代(宮田圭子)に
マツが亡くなっていたと伝えます。
喜代もさすがに落ち込んでました。

すみれが「私、恵まれてたんやね。気づかないうちに
知らないうちに、明美さんのこと傷つけて」と言うと、
喜代は「知らんうちに傷つけてることなんて、ぎょうさんあります。
そやけど、その逆もあるんです。知らんうちに誰かを喜ばせとったり
幸せな気持ちにさせとったり」と言います。

潔と栄輔、生地探しに協力してくれる

闇市で、すみれが生地を探していると、
玉井(土平ドンペイ)が「向こうで一服しようや」と
男たちに拉致されそうになりました。

栄輔(松下優也)が飛び込んで、玉井たちになぐりかかり
サイドカバーに乗った潔(高良健吾)も加わり
すみれを助けてくれます。

潔のバラックで、すみれはケガした栄輔に謝りました。
ゆり(蓮佛美沙子)潔は、ぼうっとしないで、
キリッと目を光らせてと注意します。

すみれがおしめを作るため、やわらかい生地を探してる
と相談すると、潔と栄輔が協力してくれることになりました。


良子の腕時計、そして再会

ゆりと潔に注意されたのに、すみれはぼうっと闇市を歩いてると
綾子(前田千咲)文(村崎真彩)千代子(安部洋花)に会います
時子(畦田ひとみ)がしているステキな腕時計に
すみれは見覚えがありました

すみれの結婚式の時、良子(百田夏菜子)が夫からもらったと
うれしそうに見せてくれた時計です。
時子の父親・浮島時久(中川浩三)は、すみれの誘導尋問で
小澤良子という人が売りに来たと思い出しました(汗)

さくらを背負いながらす、みれは道をたずねながら、
道を歩いていって、あるバラックの戸をたたきます。
良子が出てきました。
すみれと良子は「よかった」と抱き合いましたね。

連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る