べっぴんさん あらすじ ネタバレ 18回 エイミーと明美

シャーロット・ケイト・フォックスさんがまた
登場しましたね。
最初に出てきたときは、嫌な終わり方でしたけど
今日はきれいに終わりました。

一方、明美(谷村美月)は
まだすみれが気に入らない様子です。
小さい頃のことが頭から離れないのでしょうか?


主婦4人組 外国のおしめは1枚一組

すみれ(芳根京子)が、あさや靴店で、
時子(畦田ひとみ)綾子(前田千咲)
文(村崎真彩)千代子(安部洋花)に
手芸を教えていました。

子育てで大変なことは何かと質問すると、
おしめの洗濯だと答えます。
この頃のおしめは2枚一組で
洗濯の量が大変だったのです。
時子が、外国のおしめは1枚一組で
かさが半分だと教えてくれます。

すみれは、クリスティーナ(アマンダ)の家で
明美(谷村美月)がおしめの付け方を
教えていたのを思い出しました。


シャーロット・ケイト・フォックス 再登場

すみれは再びマクレガー家を訪ねました。
エイミー(シャーロット・ケイト・フォックス)の機嫌を
損ねたばかりでしたが、さくらも連れて行きます。

エイミーはさくらを見て
「ビューティフル ベイビー」と笑顔になりました。
さくらがつけているおしめを見せると
エイミーは自分の姉が使っていたのと違うと答えます。
四角だったと覚えてましたが、詳しいことはわかりません。

エイミーはこの前のことを謝ってきて
母親になることが不安だと打ち明けます。
すみれはジョン(ドン・ジョンソン)に通訳を頼んで
励ましてあげました。

「私の姉が行ってました。なくすのが悲しくなるほど
大切なものがあるいうのを、幸せって言うんだって。
私は今さくらがいて幸せです。大丈夫。きっと元気な
赤ちゃんが生まれますよ」とエイミーの手を取ります。
エイミーは「サンキュー、ありがとう」と感謝しましたね。


ゆりの心が疲れている

バラックへ帰ったすみれが、日本の育児のエキスパート
だと明美のことを話すと、
喜代(宮田圭子)は、女中のマツ(中島ひろ子)の娘では
と言い出し、看護学校へ通っていて、六甲中央病院で
看護婦をしてると思い出しました。

六甲中央病院へ行くと、明美はとっくに辞めていました。
麻田(市村正親)も明美の住所を知らず
すみれが病院をぜんぶ回ると言うので驚きます。

ゆり(蓮佛美沙子)がバラックへやって来ますが
すみれは神戸中の病院を回っていて留守でした。
ゆりがさくらの顔を見に来たと言うので
喜代は子どもの顔が見たくなるのは、心が疲れている時だと
見抜きます。

栄輔(松下優也)がバラックへやって来ました。
すみれと接近して、びっくり!
缶詰とトウモロコシの粉、ごぼうを持ってきてくれたのです。

すみれが病院へ人を探しに行くと言うと
栄輔はサイドカーに乗せて送ってくれました。
海沿いの道を走って、栄輔は「なんや青春やな」とつぶやきます。
すみれは「何て!?」と聞こえません(笑)

すみれと明美

病院へ入っていくと、
ちょうど看護婦の制服を着た明美が
降りてくるところでした。

すみれは「お願いがあるんです。
私、必要とされてる物を、必要としている人のために
作りたい思うてます。何がいいかずっと考えていて
赤ちゃんがほんまに気持ちよく過ごせる物がいいんや
ないか思うて。それで明美さんがいつか作ってたおしめ
作り方を教えてもらえないでしょうか?」と頼みます。

すみれ(渡邉このみ)がくれたクッキーを
明美(坪内花菜)が投げ捨てたこと、
マツが坂東家を解雇になったのに、
すみれが何も考えず歩いていったことを
明美は思い出していました。

明美は「嫌や。あんた、ほんまにお嬢さんなんやな。
苦労したことがないからそんなふうに思えるんや。
ほんま甘いわ」と去ってしまいます。

シャーロット・ケイト・フォックス べっぴんさんに出演
連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る