シャーロット・ケイト・フォックス べっぴんさんに出演

連続テレビ小説「マッサン」のヒロインを務めた
シャーロット・ケイト・フォックスさんが、
「べっぴんさん」に登場すると発表されました。

シャーロットさんは「マッサン」で、
ウイスキーづくりに情熱を燃やす造り酒屋の跡取り息子・
亀山政春(玉山鉄二)と国際結婚するエリー役を演じてました。
朝ドラ初の外国人ヒロインとして話題になりましたね。


シャーロットさんと芳根京子さんの共演

シャーロットさんは「べっぴんさん」で、
エイミー・マクレガー役を演じる予定です。
エイミーは通訳の夫と日本で暮らしていて、
妊娠中にヒロイン・すみれ(芳根京子)と出会います。

三鬼一希チーフプロデューサーは
「シャーロットさんが、朝ドラに帰って来てくれました。
「べっぴんさん」の主な舞台となる神戸は、
古くから外国人の方々が多くいらっしゃった所です。
戦後、すみれは子供服作りに目覚めていきます。
そのきっかけを与える人物がエイミーです。

物語のエポックとなるエピソード。
エイミーを演じていただける方は、シャーロットさん以外に
ないと思い、ご出演をお願いしました」
と語っていました。

シャーロットさんは、ヒロイン・すみれが、
子供服作りを始めるきっかけをつくる
キーパーソンになるんですね。


シャーロット・ケイト・フォックスさんの現在と近況

シャーロットさんは「マッサン」のオーディションを受けるまで
日本に行ったことはなく、日本語も全く話せない状態でした。
しかし、台詞を意味を理解した上での演技力とコメディセンスで
「マッサン」のヒロインに選ばれました。

「マッサン」で、東京ドラマアウォード2015の特別賞を受賞し、
劇中歌の「ゴンドラの唄」でCDデビューも果たし、
全国7都市でのコンサートツアーを成し遂げます。

2014年大晦日の第65回NHK紅白歌合戦には、
応援ゲストと出演しました。
中島みゆきさんが「マッサン」の主題歌「麦の唄」を歌い終わると
玉山鉄二さんとシャーロットさんのところへ歩み寄って
笑顔の3ショットが実現してましたよね。

2015年に「名探偵キャサリン」で日本の民放ドラマ初主演、
2016年に「OUR HOUSE」では
芦田愛菜さんとW主演により、民放の連続ドラマ初主演を
果たしました。


シャーロットさん、マッサンを思い出す

舞台「CHICAGO」を本場ニューヨークのアンバサダー劇場で
演じたことも話題となりました。

2年ぶりの朝ドラ出演について、シャーロットさんは
「久しぶりの朝ドラの撮影に緊張しました。
でも、顔見知りのスタッフもいて、緊張は解け、
リラックスして撮影できました。

リハーサルや撮影の最中に、「マッサン」の時を思い出し、
とても感慨深いものがありました。
本当に本当に楽しく活気がある現場でした」
とコメントを出しています。

シャーロットさんの「べっぴんさん」出演は
20日からの予定だそうで、今から楽しみですね。

べっぴんさん 第16回 シャーロット登場
連続テレビ小説 べっぴんさん ネタバレ あらすじ 感想
連続テレビ小説 べっぴんさん キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る