真田丸 ネタバレ 第35話 犬伏の別れ 大泉洋さん熱演

「犬伏の別れ」が今回、描かれましたね。
真田家の存続をかけて、真田信繁(堺雅人)
真田信幸(大泉洋)真田昌幸(草刈正雄)の親子3人が
徳川方と豊臣方に別れて戦うことを決意します。
「真田丸」のクライマックスシーンでした。

昌幸が、長期戦に備えて、どちらにもつかず籠城を、
信繁は、徳川か豊臣のどちらかにつくべきだと主張します。
それに対して、信幸が自分は徳川につくので、
昌幸と信繁には、豊臣につくよう決めたのです。
大泉洋さん、熱演でしたね。

真田丸では、親子が憎みあって別れる訳ではなく、
真田が生き残る策略としての別れでした。

とり(草笛光子)が話していた
「例え離れ離れになっても、真田は1つ、心さえつながっておれば。
真田の家を、この地を守りぬけ」
という言葉がここで生きてきましたね。

真田丸は真田家という1つの船

高畑淳子さんの出演シーンが、どうなるかと思ったら、
けっこう出番がありました。
息子の高畑裕太氏が逮捕され、前回はまったく姿を
見せなかったのに、今回は何回も出てきましたね。

「真田丸」での高畑さんは、真田昌幸の妻で、
真田兄弟の母・薫を演じているので、編集する訳にはいきません。

関ヶ原の戦いへ向かって、真田家も危機を迎えます。
徳川につくのか、豊臣につくのか決まらぬうちに、
女たちは大坂から信濃へ退去することになりました。

「真田丸」が真田の家族を1つの船にたとえているので、
その中心人物の1人である薫を描かない訳には
いかなかったのでしょうね。


真田家の女たちの戦い!「裏切る」でなく「表返る」

上杉討伐に乗り出した徳川家康(内野聖陽)、
その機に乗じて石田三成(山本耕史)は
打倒徳川の旗を上げました。
風雲急を告げる中、真田昌幸が選んだ道は…。

大坂、真田屋敷、真田信幸(大泉洋)は
「徳川内府の命により我ら徳川討伐に向かうことに
なりました。しかし真田と上杉は深い絆で結ばれており、
真田は上杉につくことにしました」と説明しました。

薫(高畑淳子)が「徳川を裏切るのですか?」と不安そうに聞くと、
真田昌幸(草刈正雄)は「裏切るのではない。表返るのじゃ」
と新語で答えます。

真田信繁(堺雅人)は「明日、大坂を出立し、
父上は上田に、兄上は沼田にそれぞれ戻り、
軍備を整え会津へ向かいます」と話しました。

昌幸は女たちに大坂を脱出し、上田へ逃げるよう命じます。
信繁が「皆のことを頼む」ときり(長澤まさみ)に言うと、
春(松岡茉優)が対抗してきました(汗)

稲(吉田羊)が本多忠勝(藤岡弘、)からの書状を見せ、
真田が裏切るようなら、すぐ知らせよと書いてあると言います。

稲が「されど稲は真田伊豆守の妻にございます。
徳川に知らせるようなまねは決してしません」と言うと、
昌幸は「お前は立派な真田の嫁じゃ」と稲の手を握ってきました。
稲は信幸の子を産んでから、本当に真田の嫁になりましたね。

真田信繁、大坂城での思い出に浸る。江、初登場!

大坂城の中庭の桃の木の前で、信繁が片桐且元(小林隆)と
話していると、寧(鈴木京香)がやってきます。
寧はきりのことを気にし、戦が終わったら
2人で会いに来るよう笑顔で話しました。

信繁は廊下から大坂城の天守閣を眺め、
豊臣秀吉(小日向文世)を思い出します。
茶々(竹内結子)が歩いてると思ったら、まぼろしでしたね。

会津城、上杉景勝(遠藤憲一)直江兼続(村上新悟)は
徳川軍10万が進軍していると聞いて、兵を募ることに決めます。
遠藤さんの景勝、まだどこかオドオドしてました(笑)

江戸城、家康は徳川秀忠(星野源)に、
本多正信(近藤正臣)をつけると言います。
居室へ戻った秀忠は、家康に信用されてないといら立ちますが、
妻・江(新妻聖子)に励まされて、元気になりました!

江は初登場です。大河ドラマ「江 姫たちの戦国」があったので、
もうちょっと茶々との関わりなどを描いて欲しかったです。


真田親子の沼田への帰還!小早川秀秋へ伸びる魔の手

7月10日、大谷吉継(片岡愛之助)は徳川軍に加わるため
美濃、垂井まで進軍していました。
そこへ石田三成が訪ねてきて、豊臣軍への加勢をお願いします。

吉継は「わしはあの男を待っていたのかもしれない」と考え、
三成に味方しました。
吉継は「弱気な言葉を2度と口にするな!」と三成を鼓舞し、
家康の弾劾状を書いて、老衆から退けることにします。
三成が「刑部殿」と涙すると、
吉継は「おわしはおぬしを勝たせてみせる」と言い切りました。

信濃の上田城へ戻った昌幸は、高梨内記(中原丈雄)に
信玄公が治めていた領地を取り返すと野望を語ります。
堀田作兵衛(藤本隆宏)たちも戦支度をしますが、
与八(今野浩喜)はやる気がありません。

大坂城、毛利輝元(浅地直樹)を総大将とし、
三成、吉継、宇喜多秀家(高橋和也)小早川秀秋(浅利陽介)
長束正家(木津誠之)らが集結します。

小早川秀秋が居室へ戻ると、板部岡江雪斎(山西惇)が
徳川方の間者であると明かしました。
小早川秀秋の心の動きにも注目ですね。

細川ガラシャの最期 まさかの後ろから!

三成たちは大名たちの妻子を人質に取ることにします。
阿茶局(斉藤由貴)は混乱に乗じて、大坂を脱出しました。

春は薫ときりと話してましたが、細川屋敷の方で
煙が上がっているのに気づきます。
きりが細川屋敷へかけつけると、
細川ガラシャ、玉(橋本マナミ)がいました。

玉は切支丹なので自ら命を断てないと言うので、
きりは玉を避難させようとします。
そこへ、玉のことを理解した家臣が来ると、
玉を後ろから槍で突きました!
佐助(藤井隆)が助けに来てくれ、きりは逃げ出します。

真田屋敷にいた稲とこう(長野里美)も沼田へ避難を始めました。

きりと佐助は逃げおおせたと思ったら、
島左近(玉置孝匡)に捕らえられてしまってました。
しかし、三成がきりのことを覚えていてくれて、助かります。
三成は佐助に、挙兵のことを昌幸に伝えるよう依頼しました。

大谷吉継、早口で石田三成に代筆してもらう

江戸城、家康は豊臣軍の動きを知って、
本多正純(伊東孝明)に上方の動きを調べるよう命じます。

大坂、大谷屋敷、吉継は、姿勢をはっきりさせない大名たちに
書状を書くことにしました。
手が不自由な吉継の言葉を、三成が代筆しますが、
吉継が早口なので、三成は追いつけません(笑)

夜明けには、大量の書状が書きあがっていました。
吉継は「治部殿、この戦、勝った」と倒れてしまいます。

3DCGで、江戸の徳川軍が会津へ進軍する様子が
映しだされました。


犬伏の別れ!真田信幸が方針を決定!

下野、犬伏、昌幸の陣、真田親子が上杉軍に加勢すると話してると、
佐助がやって来ました。
三成挙兵の知らせを聞いて、昌幸は「早すぎる!」と怒ります。

お堂でしばらく考えた昌幸は、信幸と信繁だけを呼びました。
昌幸は、徳川と豊臣の戦いは、
2、3年あるいは10年の長期戦になるので
どちらにも味方せず、沼田に戻って、城へ篭もると主張しました。

信繁は昌幸に反対し、夢物語はやめて欲しいと怒ります。
そして、戦いは案外早く終るかもしれぬので、
徳川か豊臣のどちらかに決めるべきと言いました。

矢沢三十郎(迫田孝也)たちが止めるのを聞かず、
河原綱家(大野泰広)がお堂に様子を伺いに来ると、
信幸が竹筒を投げて、それが顔に当たります。
綱家は歯が折れてしまったようです(汗)

昌幸が「黒は徳川、朱は豊臣」と言って、
2本のこよりを出してきました(笑)
信幸はそれを取り上げ「私は決めました!」と叫び
信繁と昌幸は豊臣に、自分は徳川につくと話します。

そして、もし徳川が勝ったら、自分は全力で信繁と昌幸を
助けるので、豊臣が勝ったら、全力で自分を助けてと言いました。
信繁はうなずき、昌幸は「よい策じゃ」と納得します。

犬伏の別れ、その後…

信繁と信幸は縁側に座り、お互いを讃え合いました。
真田親子はお堂に戻ります。
信幸は韓信の背水の陣を例にあげて、昌幸を褒め称えます。

三谷幸喜さんは、智将の昌幸でも、主人公の信繁でもなく、
信幸に犬伏の別れの決定権を持たせました。
意外な脚本でしたね。
真田親子の犬伏の別れのその後、どうなるんでしょう?

大河ドラマ 真田丸 あらすじ
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る