軍師官兵衛 第8回 秀吉という男


黒田官兵衛(岡田准一)がいよいよ織田信長(江口洋介)に拝謁しましたね。万見仙千代(田中幸太朗)から余計なことは言わないよう注意を受け、主殿に入ります。織田の重臣たちが居並ぶ中、信長が入ってきました。天正3年(1575)年7月です。

官兵衛は「織田様はすでに東海、北国、畿内の大半を制し、天下統一へ向け着々と歩みを進められておりますが、未だ従わざる者もおり、その最たるものが中国の毛利とお見受けいたします。主、小寺政職は織田様にお味方つかまつる所存。その折には我ら小寺が喜んで先手を勤めまする」と話しました。

柴田勝家(近藤芳正)から反論されると、官兵衛は「一向一揆の大本、石山本願寺は毛利とつながっております。播磨は中国から石山本願寺への道筋。ここを制すれば両者のつながりを断つことができまする。毛利は必ず織田の敵となりましょう。毛利を倒さねば、織田家の天下布武はかないません」と説明します。

控えの間、栗山善助(濱田岳)母里太兵衛(速水もこみち)井上九郎右衛門(高橋一生)は、信長を怒らせ、官兵衛が首をはねられたのではと心配してましたね。


丹羽長秀(勝野洋)滝川一益(川野太郎)に兵が少ないと指摘されると、官兵衛は「かつて織田様はわずかな軍勢で今川義元の大軍を打ち破ったではございませんか。兵はいたずらに多きを益ありとせず、戦の勝敗は兵の多寡にあらず。また孫子曰く、兵は詭道なり」と扇子を手にします。明智光秀(春風亭小朝)が味方してくれると、官兵衛は信長の方へ歩み寄って地図を広げました。

「毛利を攻めるには山陽、山陰の2つの道がございます。大軍を動かすには平坦な山陽道が向いており、山陽道に御着、姫路がございます。ここは播磨のほぼ中心、海も近く、中国を抑える格好の要地。次に播磨の形成について申し上げます。明石、高砂、福原、上月など、播磨の大方の大小名は、今は毛利についております。されどそれは毛利の威勢にはばかっているに過ぎず、結束は強くありません。よき大将を姫路におつかわしくだされば、みな織田家も味方となりましょう。それがしは播磨一国を必ず説き伏せてごらんにいれまする。播磨を手に入れさえすれば、毛利を倒すことなど容易にございます」

信長が刀を手に立ち上がって近づいてきます。刀を抜いた後、鞘に収め「そちに取らせる」と官兵衛に渡しました。そこへ羽柴秀吉(竹中直人)が入ってきて、普請の様子を報告し「心配ご無用」とアピールします。官兵衛が味方してくれれば毛利攻めの要となると秀吉が話しました。信長は「播磨にはそちが行け。官兵衛、そちの申すとおり、播磨を手に入れれば毛利を倒すことが出来る。毛利を倒さねば、天下布武はかなわぬ。この秀吉とよろしく相談せよ。そちが考えていたことは、この信長が考えていたことと同じだ。面白かったぞ」と満足そうです。

秀吉が官兵衛たちを城下を案内してくれ、飯屋へ入りました。信長がプレゼントしてくれたのは圧切という名刀で、無礼を働いた茶坊主を信長が膳棚ごと切ったことから圧切という秀吉は説明してくれます。

**
岐阜城、信長はお濃(内田有紀)に「官兵衛か、良い道具を見つけた」とうれしそうに話しました。一方、御着城、黒田職隆(柴田恭兵)が訪ねて行くと、小寺政職(片岡鶴太郎)の心が揺れています。櫛橋左京進(金子ノブアキ)は黙っていましたね。

姫路城、剣術の稽古で、後藤又兵衛(川口和宥)が松寿丸(秋元黎)に敗れると、光(中谷美紀)が「わざと負けましたね。文句があるならはっきり言いなさい」としかります。又兵衛が弱い者が相手では稽古にならないと言うと、光とお福(阿知波悟美)は襷をかけ鉢巻をして、薙刀を手に戻ってきました。光はみごとに又兵衛に勝ってしまいます。職隆はその様子を微笑ましく見てましたね。職隆は光に、政職が毛利の調略を受けているようなので、一肌脱いでと頼みます。

北近江長浜城下、官兵衛たちが秀吉に案内してもらっていると、盗人が捕まえられました。官兵衛は「罰として昼間は働かせるのです。夜には牢に入れればよろしい。人間生きておれば、使い道もあると存じます。命の使い道でございます」とアドバイスします。

***
秀吉は官兵衛たちを城へ連れて行かず、思う存分楽しもうと屋敷へ連れて行きました。石田三成(田中圭)が控えていて、秀吉は南殿(辻本瑞貴)にぴったりくっつきます(笑)官兵衛や善助たちにも女が1人ずつつきました。次の日に長浜城へ行くと、おね(黒木瞳)が出迎えましたが、秀吉が南殿と一緒だったことがバレてます(笑)

昨夜はどこにいたかとおねに問い詰められ、官兵衛は「どこにもおりませぬ。羽柴様はこれからともに戦う大事なお方。そのお方との約束をたがえる訳には参りません。一方、お方様はその羽柴様が最も大切にされておるお方。そのお方に嘘をつく訳には参りません。それゆえ、どこにもおりませぬとお断りしかございません」と答えました。イラッとしていたおねは、三成が用意した反物でちょっと機嫌を直しましたね。

御着城、光はお紺(高岡早紀)に、松寿丸が斎(山田日向)をもり立てると言い「怖い噂を耳にしました。織田の敵になったら、女子供も容赦なく皆殺しにされると。比叡山焼き討ちや長島の一向一揆がまさにそうでした」と吹き込みます。数日後、小寺政職は織田につく考えに変わってました(笑)

長浜城、母里太兵衛は蜂須賀小六(ピエール瀧)を相撲で投げ飛ばします。秀吉から500石、千石で家来になってと言われますが、太兵衛はきっぱり断りました。善助も、九郎右衛門も一緒に断ると、秀吉は「今の話、忘れてくれ」と笑います。

縁側で、官兵衛と秀吉は2人きりです。秀吉は信長に拾われたことを感謝していて、長浜城主になったのは運だと言います。官兵衛は「運だけでは大名にはなれませぬ」と話すと、秀吉はよい家来を持っているとまた誘惑してきましたが、官兵衛は断りました。命の使い道について聞かれ、官兵衛は祖父からの教えだと説明し「私も戦で多くの家臣を失いました。それ以来、祖父の言葉をかみしめ、戦においていかに味方の兵を減らすことなく、勝利を収めるか、それが肝心だと常々考えております」と言います。秀吉は「わしも同じ思いじゃ。人こそ宝じゃ。戦わずして勝つ。それが一番じゃ」と官兵衛の手を掴みました。苦い、苦いと食べていたのは、ムカデだったようです(汗)

安芸の国、小早川隆景(鶴見辰吾)吉川元春(吉見一豊)毛利輝元(三浦孝太)、官兵衛が織田についたと知って、紀伊の足利義昭(吹越満)を利用しよと策を練っています。

長浜城、竹中半兵衛(谷原章介)が播磨の様子を探って秀吉の元に帰ってきました。官兵衛が切れ者だと秀吉が言うと、半兵衛は「その男、試してみてもよろしゅうございますか」と言い出します。半兵衛は官兵衛に何を仕掛けてくるのでしょうか?

軍師官兵衛 あらすじと感想
軍師官兵衛 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る