精霊の守り人 4回 決戦のとき

シーズン1の最終回ですね。ラルンガが襲ってきて、バルサ(綾瀬はるか)
チャグム(小林颯)は木の上に逃げました。ところが、チャグムの体だけでなく、
目も青く光りだし、飛び去って行きます。

青霧山脈の奥深くにいたバルサ、タンダ(東出昌大)トロガイ(高島礼子)の前に、
モン(神尾佑)たち狩人や、ジン(松田悟志)が現れました。

やがて、霧が立ち込めてきて、シグ・サルアの花の香りがします。
トロガイは、ニュインガ・ロ・イムが、ラルンガから卵を守るため、霧を起こしたのでは
と話しました。バルサとタンダ、そしてジンが川の上流へ向かっていきます。
モンたちも続こうとするのを、トロガイが止めました。

夜になって、バルサとタンダは焚き火を囲んで話します。バルサはチャグムの手を
離してしまったことを後悔していました。ジンは少し離れていたところで、
1人で焚き火をしています。

やがて、タンダは「火だ!。火は水に弱く、水は土に弱く、土は火に弱い。
そんなことは呪術の基本じゃないか!水の精霊であるニュンガ・ロ・イムは、
土の精霊であるラルンガに弱い。ラルンガがきっと、この世では火に弱いんだ」

「夏至祭りにそういう踊りがあっただろう?大松明を持った男たちが、火を振り回して、
踊り狂う化け物を追い詰めていくんだ。そこに帝に登場するから、ヤクーの祭りも
すっかり王宮の神話に塗り替えてしまったと思って、こんな簡単な事に気付かなかったんだ!
あの火にはちゃんとそういう意味があったんだ」と見抜きました。




チャグムは森の中と思ったら、水の中で寝ていました。チャグムは起き上がって、
両手を広げると、水の民・ヨナ・ロ・ガイがたくさん集まってきます。

新ヨゴ国の王宮で、縄に縛られたトロガイが、聖導師(平幹二朗)ガカイ(吹越満)の前に
引き出されていました。トロガイはわざとモンに捕まったようです。
うまく星読みの塔の地下室へ連れて行かれ、シュガ(林遣都)と再会しました。

シュガは、石版にナナイ大聖道師が残した古い記録を読み解いていて、
精霊の守り人は青池からサアナンへ行くと話しますが、サアナンの意味がわかりません。
トロガイはサアナンは、ヤクーの言葉で青弓川の源・水源をさし、
この世とナユグの結び目で、巨大な木があると言います。

その頃、チャグムは巨大な木に向って歩き、中へ入って行きました。枯れた化石にように
なった木です。やがてバルサ、そしてジンも木の中へ入って行きました。

**
シュガはトロガイに、100年前にラルンガは退治されなかったと話します。
ラルンガは子供の体を引き裂き、卵を食べようとしましたが、ヤクーの呪術師が卵を
救ったのです。呪術師はラルンガの爪の内に飛び込んで、卵を奪って、天に投げ、
海にたどり着いた卵は、孵化して雨が降ったというのでした。新ヨゴ国は神話で、
トルガル帝がラルンガを退治したと捻じ曲げて書いたのです。

でも、トロガイは、天に投げられた卵が、どうして海についたのかわかりません。
壁画に気づいたトロガイは、シュガに肩車してもらい、隠れていた壁画の上部を確認します。
すると、卵をくわえた鳥が描かれてました!

帝(藤原竜也)は、熱病にかかった皇太子・サグム(中野魁星)のため、
玉を手に取り「ノーボラン!ノーボラン!」と呪文を唱えています。

チャグムたちがサアナンの奥深くに入ると、ラルンガが襲ってきました。
バルサはラルンガと戦います。やがて泉に到着したチャグムは、口から青く光る卵をはきだし、
手にそれを持ちました。ラルンガがなおも襲ってくるので、バルサは「卵を捨てろ」
といいますが、チャグムは言うことを聞きません。

***
聖導師によって、地下牢から放たれたトロガイとシュガは星読の塔へ行きます。
トロガイは魂を飛ばして、チャグムたちがいるサアナンの泉に姿を現し
「ナージだ。ナージに卵を投げるんだ」とアドバイスしました。
ナージは壁画に描かれていた鳥です。チャグムはラルンガに襲われ、
崖から転落しそうなところを、ジンが助けてくれました。

チャグムが卵を投げますが、ナージに届かないので、バルサが卵をキャッチし、
もう一度投げます。その卵をナージがくわえて、飛んでいきました。

バルサは槍の先に、タンダが起こした火をつけ、ラルンガに突き立てます!
するとラルンガは炭となってしまいました。トロガイは魂を王宮へ戻し、
卵とチャグムが無事だと聖導師とシュガに伝えて笑います。

ジンはバルサと戦う素振りを見せながら、やめました。バルサがジンの腕を切ったのは、
ラルンガから守るためとわかったのです。ジンはチャグムに礼をして去って行きました。

****
皇太子の館、サグムが亡くなり、一ノ妃(奥村佳恵)と帝がぼうぜんとしています。
やがて二ノ妃(木村文乃)の前に現れた帝は、新たに帝を産めと、二ノ妃を押し倒しました!

聖導師はシュガに、皇太子となるチャグムの教育係となり、チャグムが帝となったら
聖導師になるよう命じます。

バルサ、チャグム、タンダは、森の中で、肉をほうばっていました。
チャグムはバルサの弟子になりたいと言い出し、バルサはジグロ(吉川晃司)のことを
思い出します。

やがて兵士の一団が進んでくるのが見えました。トロガイやモンもいます。
帝の命令により、チャグムを皇太子として迎えに来たのでした。
チャグムが「私はバルサといたい!王宮には戻りたくないよ」と言うと、
バルサはどちらでもお前が望むままだ」と小声で聞きます。

チャグムは「分かったよ、自分から逃げるなって、どんなことでも笑って受け入れろって
言うんだろ?だったら王宮に戻るよ、皇太子にもなるよ」と答えました。
チャグムはバルサ、タンダ、トロガイにお礼を言って、王宮へ帰って行きましたね。

王宮へ戻ったチャグムは二ノ妃と再会します。よかったです。帝が来ると、
チャグムは「父上、ただ今戻りました。父上のおかげでこの国からまた魔物が消え去り、
この命も救われました。狩人のジンが私を守ってくれました。
父上がジンを遣わさったおかげです。心より感謝申しあげます」ときりっとした顔で言います。

夏至祭りが始まりました。帝とチャグムが祈ると、雨が降り出します。民たちは大喜びしました。
夏至祭りに来ていたログサム(中村獅童)をめがけ、バルサが進んでいきます。
チャグムもバルサに気づきました。バルサがログサムに手裏剣を投げた所でエンディング!
次回は2017年1月のシーズン2です。待ちきれませんね。

精霊の守り人 あらすじと感想
精霊の守り人 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る