精霊の守り人 3回 冬ごもりの誓い

バルサ(綾瀬はるか)チャグム(小林颯)タンダ(東出昌大)トロガイ(高島礼子)は
青霧山脈の奥地へ行き、洞窟の中で冬を越すことにします。ナユグの水の精霊・
ニュンガ・ロ・イムは、卵をチャグムに産み付けました。その卵を狙うラルンガは、
雪が苦手で冬眠するので、青霧山脈の洞窟へ避難することにしたのです。

チャグムが「どうしてそんなものが私に?」が聞くと、トロガイは「もともとあんたにも、
ナユグを感じる力があったのかもしれない。おそらく、これまで卵を宿してきた
ヤクーの子たちと同じように。ナユグの方があんたを選んだんだ。
あんたのせいだということは無い」と答えます。

トロガイは水の民・ヨナ・ロ・ガイに、ラルンガのことを聞きますが、
ラルンガは土の精霊なので、わかりませんでした。
そこで土の民・ヂュチ・ロ・ガイに会うため、トロガイとタンダは出かけていきます。
急な山道を降りるので、タンダが手を出しだすと、トロガイはそれを叩いて、
どんどん降りて行きました(笑)




新ヨゴ国王宮、ジン(松田悟志)は帝(藤原竜也)聖導師(平幹二朗)に、
魔物に襲われたことを報告します。帝はチャグムを清めよと命じただけでなく、
ジンも追放してしまいました。

庭で、二ノ妃(木村文乃)聖導師が話してると、一ノ妃(奥村佳恵)
皇太子・サグム(中野魁星)が仲良く食事をしているのが見えます。

ニノ后が「帝にとって、あの皇太子とチャグムと何が違うというのです?」と聞くと、
聖道師は「チャグム王子に宿ったものが、干ばつからこの国を救うものであるならば、
チャグム王子こそ、神に選ばれし者なのかもしれません。帝もそれに気づいておいでなのかも
しれません」と答えました。
ニノ后は「その様な子を、王宮はみすみす殺してしまうのですか?」と聖道師に迫ります。

青霧山脈の洞窟にいたチャグムが、外に出て干していた魚を取ろうとすると、
黒い煙に変わりました。そして、その黒い塊がチャグムを襲ってきました。
「やめろ!離せ!」と叫んでいるチャグムを、バルサが洞窟の中へ助け入れます。
チャグムには黒い塊がバルサのように見えていました。

**
バルサはチャグムに、ジグロ(吉川晃司)のことを話します。バルサの父は、
カンバル王に仕える医術師だったのです。バルサが6才の頃、カンバル王の弟・ログサムは、
バルサを殺すと脅して、バルサの父に王を病気に見せかけ毒殺するよう命じました。
バルサの父は、カンバル王を殺し、ログサムがカンバル王となります。

カンバル王となったログサムは、バルサと父の命を狙ってきました。バルサの父は、
親友のジグロを頼ることにします。ジグロは、王宮の武術指南役で王の槍と呼ばれる男でした。
ジグロは6才だったバルサを連れ、カンバル王国から、ユサ山脈を越え、青霧山脈を越え、
新ヨゴ皇国へ逃げ出します。そしてバルサ(清原果耶、横溝菜帆)はジグロから武術を
教わりました。

ログサムが放った追っ手は、ジグロと共に修行していた王の槍たちで、ジグロは15年の間に、
8人の仲間を殺したのです。

病となって横渡るジグロに、バルサは「父さんの背負った罪は私が背負うから、
私が8人の命を助ける。その分、人を助けるから。だから安心して眠って」と話しかけます。

ジグロが「バルサ。人を助けるのは殺すより難しい。私はお前を助けたとは思っていない。
お前と旅をして楽しかった、お前の成長が嬉しかった、幸せだった」と言うと、
バルサは「父さん」とジグロの胸に寄り添いました。
ジグロについて話を聞いたチャグムは「私に武術を教えてくれ。私に槍を教えてくれ、
教えて下さい」と頭を下げます。

***
王宮では、皇太子・サグムが熱病にかかっていました。医術師も手に負えません。
帝は「水だ!誰も水を一切使ってはならぬ」と命じます。聖道師が「皇太子には手を尽くします。
王子2人が1度にいなくなれば、民も不安に思うでしょう。今は皇太子の回復を祈るほかには」
と言うと、帝は「チャグムを王宮に連れ戻せ。どちらも消すことはできぬ」と言いました。

庭で、ニノ妃が「なぜ皇太子はこんな病に?」と聞くと、聖道師は「さあ」とちょっと笑います。
平幹二朗さん、良い表情でしたね(笑)

星読みの塔の地下室、閉じ込められたシュガ(林遣都)に、ガガイ(吹越満)は食料を持って
行って、ナナイ大聖道師が石板に残した手記の解読状況を聞きます。

皇太子・サグムが熱を出したと知って、シュガはすべて聖道師が仕組んだことだと笑いました。
石板の手記には、初代トルガル帝は神でなく、実は弱い男で、ナナイ大聖道師が国を操っていた
と書かれていたのです。さらに、ナナイ大聖道師はナユグを見る力を持っていて、
正しく魔物を見極めることができました。

****
青霧山脈の洞窟に、タンダが帰ってきます。土の民も冬眠をしていて、会えなかったのです。
チャグムは「1つだけわかったことがあるんだ。私が、バルサやタンダに会えたのは、
ここにある精霊の卵のおかげだろ?そう思ったら悪い気はしなくなった。
バルサとタンダには幸せになってもらい」と話します。

吹き出していたバルサとタンダでしたが、2人きりになった時、
タンダは「一緒に暮らさないか」とバルサを誘ってましたね。

夜中に眠っていたチャグムの体が光りだします。洞窟を出て、目を閉じて深呼吸して、
目を開けると、赤い空に、黒い奈落が広がっていました。トロガイの声に導かれ、
チャグムがバルサの手を握っているのをイメージし、目を開けると、バルサたちがいます。

トロガイに「お前はどこへ行きたいのだ?卵の意志を感じて、お前が行きたいと思うところを
指してごらん」と言われ、チャグムは指差し、その方向へみんなで出発しました。

星読みの塔の地下室、シュガは「チャグム王子は青池へ向かうはずです」とガガイに伝え、
ガガイが聖道師に報告します。一方、帝はジンに「チャグムを消すのだ」と命じていました。

チャグムやバルサたちは、渓谷を歩き、森の中を抜け、大草原へ出て、やがて青池へ到着します。
チャグムは青池へ入ると、シグ・サルアの花のにおいをかいで、食べ始めました。

そこに、モン(神尾佑)ら狩人がやって来ます。モンが「我々は王子を殺しに来たのではない。
王子を迎えに来たのだ」話してると、ジンが横から飛び出し、襲ってきました。
ジンはもう狩人ではなく、帝の命令を受け、単独行動です。バルサが槍で攻撃すると、
ジンは義手をしてました。

さらにラルンガが姿を現し、襲ってきます。タンダが「木の登れ」と叫ぶので、
バルサはチャグムを木の上に投げました。バルサは、チャグムの足にからみつくラルンガを
引き離します。ところが、チャグムの体だけでなく、目も青く光りだし、飛び去って行きました。
次回は、シーズン1の最終回ですね。

精霊の守り人 あらすじと感想
精霊の守り人 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る