真田丸 ネタバレ 第4話 挑戦

天正10(1582)年3月20日、真田昌幸(草刈正雄)真田信繁(堺雅人)は、織田信長(吉田鋼太郎)に会うため、諏訪の法華寺に入ります。昌幸は「よいか、源次郎、決して下手に出てはならん。真田は負けた訳ではないのだ。これも1つの戦である。父の戦いぶりをしかと目に焼き付けておけ」と言いました。

庭に、旗が立っているのを見て、昌幸は「徳川家康も来ているようだな。三方ヶ原を思い出す。あの時は家康をとことん追い詰めてやった」と話すと、信繁は「武藤喜兵衛、その話は大好きです」と応じます。その頃、昌幸は武田信玄(林邦史朗)から贈られた武藤喜兵衛という名乗っていたのです。

室賀正武(西村雅彦)は昌幸を見て、逃げようとしますが、信繁に見つかって出てきます(笑)一足先に織田の陣に加わった室賀は「お主と上杉との密約の件、すでに信長公のお耳に入っておる」と言うので、昌幸は「ひょっとして上杉宛の密書を奪ったのはお主か?」とかまをかけます。室賀はそのことに答えず、密書のことを問われたら、ひたすら頭を下げて、詫びろと言って、去って行きました。

徳川家康(内野聖陽)本多正信(近藤正臣)穴山梅雪(榎木孝明)が別室で話しています。梅雪は、信長が突然に自分の領地を召し上げないかと心配していました。家康と正信は、小山田信茂(温水洋一)は主を裏切った不忠者だが、梅雪は同じ裏切り者でも格が違うとなだめます。正信が「真田昌幸が来ているそうにございます。あの武藤喜兵衛にございますよ」と家康に伝えました。

控えの間、昌幸は胡桃の実を触りながら、あくびをしています。それを見て、矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)は「大したお方だ」と感心しました。信繁は「せっかくの機会だ。織田の備えをこの目で確かめてくる」と出ていきます。

境内の一角、信繁は「さすが天下の織田勢。弓1つとっても決しておろそかにせず、手入れが行き届いてますね」とつぶやくと、本多忠勝(藤岡弘、)が「これは徳川の弓にござる」と答えました。家康は「みごとでござろう。どちらのご家来衆かな」と近寄ってきたので、信繁は「真田でござる」と正直に答えます。

信繁は弓の並びをほめながら、真田はもう少し先を行っていると言うので、忠勝がピクリとするのを、家康が制しました。信繁は弓立ての下に車をつけている説明します。信繁は「私が考えました」と低い声で自慢気です(笑)

そこへ昌幸がやって来ると、家康は「真田安房守殿にござるか?初めてお目にかかる。徳川三河守にござる」と自己紹介するので、昌幸は「息子の源次郎信繁でござる」と紹介しました。信繁は「徳川殿でしたか」と焦ります(汗)

**
部屋、昌幸が「上様に貢物をと考えておるのですが?何がよろしかろう」と相談すると、家康は「馬ではいかがかな?信州は名馬の産地と聞く。必ずや上様の目を引くと思います」とアドバイスしてくれました。

家康が「三方原の戦いで、武田軍の武藤喜兵衛という侍大将に手を焼いた。存じませんか?」とたずねてきますが、昌幸は「存じませんな」とサラリとかわします。

明智光秀が廊下を通り過ぎたので、家康が信長の様子を聞きました。光秀は、信長が茶器を検分してると答え、去っていきます。明智光秀役はテレビ「ホンマでっか!?TV」などでおなじみの岩下尚史さんでしたね。

***
真田信幸(大泉洋)は真田の郷で留守を任されていました。信幸が廊下を行ったり来たりしてると、高梨内記(中原丈雄)が「もう少し落ち着きなさりませ。デーンと構えて、待つのみにございます」と焼いたおもちをくれます。信幸はそれを口にし「熱い」と叫びました(笑)

信幸が井戸の水で冷やしてると、松(木村佳乃)梅(黒木華)そして、きり(長澤まさみ)が出て行きます。松と梅は、空き寺へ入って行きました。表に堀田作兵衛(藤本隆宏)がいましたが、きりは「私、わかってるんで、大丈夫」と続いていきます。

本堂の中、松は小山田茂誠(高木渉)と手を取って、喜び合いました。信幸が入って行くと、松と梅しかいません。茂誠は陰に隠れていました。信幸が2つのまんじゅうを不審がると、きりが「ごめん、ごめん、お待たせして」と入ってきます。

きりは「ここは男子禁制にしようと決めたではないですか」と責めると、松は「この人が勝手に入ってきちゃったのよ」と合わせ、きりは「私たちは3日に一度、ここに集まって、女だけのよもやま話を」と梅と3人でまんじゅうを食べ始めました。かかとがカサカサになるのは、潤いが足りないからと話が進んで、信幸は出ていきます(笑)

信幸は、寺の表にいた作兵衛に「父上が戻ってくるまでに、茂誠殿の行き先、決めておけ」と命じましたね。

****
脚本家の三谷幸喜さんは、コラム「三谷幸喜のありふれた生活」で
「時代物を書いていて、いつもぶち当たるのが、言葉の問題だ。

僕の書く台詞は、特に時代物の時は、軽いと言われる。「新選組!」でもさんざん叩かれた。「軽い」=「時代劇っぽくない」ということなのだろう。」と時代劇らしい言葉について書いていました。

「実際に真田信繁や徳川家康がどんな言葉をどんな風に喋っていたかは、想像するしかない。手紙は残っていても、書き言葉と話し言葉は別。まして、当時の言葉を再現することにどれだけの意味があるのだろう。僕はそれよりも、彼らの心情をリアルに描きたい。そのためには、僕らが今喋っている形に近い言葉が必要なのだ。」

「突然、不条理な状況に置かれ、「なんなんだよ」的なことを呟(つぶや)いた人は、日本史上、山ほどいたと思う。もしそこに違和感を感じるとしたら、そういうシーンが、時代劇でこれまで描かれることが少なかったから。でも、僕はそういうシーンこそ描きたい。なぜなら、「なんなんだよ」と呟いた瞬間に、四百年以上昔の人たちを、身近に、感じることが出来るから。」

三谷さんは、時代劇の中に、現代風な言葉を入れることで、「真田丸」の主人公を身近に感じて欲しいと考えているようですね。

法華寺、滝川一益(段田安則)に案内され、昌幸信繁親子は広間へ通されます。まず家康と織田信忠(玉置玲央)が現れました。信忠は、織田家への書状と上杉景勝(遠藤憲一)への書状を出し、二心があるのではと疑ってきます。

昌幸は「上杉宛の文、もう一度お読みいただきとう存じます。それは上杉への返書にございます。上杉は服属を迫って参りました。それゆえ、そこにはこう書いてあります。「有り難きことではあるが、すぐに決められぬゆえ、時を頂きたい」と」と答えました。

信忠は「それにしても、おかしいではないか?そなたは当家の家来になると決め、文を我が父に送り、そして今ここにこうしておる。ならば上杉の誘いに対してはきっぱりと断ればよかろう?なにゆえ時が欲しいと書いた?」と問い詰めてきます。

昌幸は「方便でござる。それがしが諏訪に来てること、すぐに上杉景勝の耳に入りましょう。となれば、上杉は今この間にも、我が小県に攻めるやもしれぬ。そうさせぬための布石の文にござる。

乱世を生き抜くには、かような知恵も欠かせません。四方を力のある国に囲まれた我らのようなか弱き国衆、そこまで慎重にならねばならぬのです。そのような大事な文が上杉に届かず、ここにあるということは、真田家にとって由々しき事態にござる。かくなる上は信長公には、上杉から我らを守りぬいてもらわねば困りますぞ」と押し返しました。

******
今度は、家康が「いささか気になることが。安房守殿、ひょっとするとこれは我ら織田方が手に入れることを思い描いての偽の書状ではございませぬか?」と疑ってきます。

昌幸は「面白いことをお考えになる。なにゆえ拙者がそのようなまねを」と驚くと、家康は「むろん己を高く売るため。大の戦上手である真田安房守昌幸は、上杉からも誘いがあるほどの大物である。そう我らに思わそうとしたのでは」と聞きました。

「そのような危ない橋を渡るつもりはございません」と昌幸は笑います。家康は直江兼続が別の間に控えているので、直江を呼び出して問い詰めようと言い出しました。

昌幸は「確かめたければ確かめれば良い」と開き直り、家康が「しらを切ったうえで、嘘とわかれば赦されませんぞ。もし偽りであるならば、潔くここで認められよ」と近づくと、昌幸は「嘘であるならば、今すぐ腹も斬りましょう。しかし真のことゆえ、そうもいきません。このような場で、偽りなどあってはならぬことでござる」と答えます。

家康と昌幸はにらみ合いとなりますが、家康は「信忠様、どうやら拙者の読み違いのようでございます。この書状、信じてもよろしいかと」と引き下がりました。信忠は「真田安房守、ここで待っておれ」と退室します。家康は「さすがは勇名を馳せられた武藤喜兵衛殿、肝が座っておられる」と昌幸にニッコリ微笑みました。

*******
やがて信忠が戻ってきて、座につきます。足音が近づいてきて、一同がひれ伏しました。信繁はこっそり顔だけ上げていると、黒いブーツに、西洋のシャツを着た陣羽織姿の信長が姿を現します。

信長は「真田安房守か?」と聞き、昌幸は「へえ」とゆっくり顔を上げました。信長は「よき面構えじゃ」とだけ言って、去って行きます。家康は「おめでとうござる」と昌幸に声をかけましたね。

廊下、昌幸が「勝ち戦じゃ」、信繁が「冷やりとしました」と言いながら歩いてると、穴山梅雪が廊下の先にいます。昌幸が「おう!」と声をかけると、梅雪はいなくなってしまいました。

滝川一益は昌幸、沼田城と岩櫃城は滝川のものとするが、小県の国衆のまとめ役を頼んできます。3DCGで、上野の沼田と岩櫃の配置が説明されました。

********
信繁は三十郎に、信長の様子について「思っていたより静かなお方だった。しかし、あの目の光はただ者ではない。まるで竜のようだった。穏やかにしてあの目だから、怒った時は、どんなことになるやら」と語りました。

その直後「もう一度、申してみよ!もう一度、申してみよ!」と怒号が聞こえてきます。信繁と三十郎が行ってみると、信長は「お主が何をしたのじゃ!」と明智光秀を蹴って「申してみよ!何をした」と光秀の頭を、欄干に何回も打ち付けていました。

血の流れる顔で光秀が微笑むと、信長は去っていきます。家康は背後から光秀を抱きかかえ、懐紙で傷口を押さえました。光秀は「かたじけない」とうっとりしてましたね。

*********
真田屋敷、出浦昌相(寺島進)高梨内記、信幸に「喜べ、真田は生き残ったぞ。出浦殿、なんとか首はつながりました。領地も安泰。わしの小県は滝川一益が。出浦殿の埴科は森長可が治めることになった。何も変わらぬ。今までのままじゃ」と明るく報告しました。

それから「安土に人質を出すことになった。世の習いじゃ。此度は婆様と思っておる」と言うと、信繁は「姉上はいかかでしょう」と提案します。

最初、松は嫌がってましたが、夫婦であることを隠し、茂誠を紛れ込ませると信繁が打ち明けると、松は賛成しました。

昌幸は高梨内記だけに、2つの城を差し出し、人質を取られたショックを明かします。

松が人質になることを、薫(高畑淳子)が悲しみ、とり(草笛光子)は自分が行くと言い出します。しかし信繁、松、さらに信幸が、松を人質にすれば、密偵にもなると押すと、昌幸は折れましたね。

昌幸は、沼田城攻略に功績のあった矢沢頼綱(綾田俊樹)に謝りました。頼綱は「あれが上野で最も大事な城だと、信長が認めたということは、むしろ鼻が高いわ」と応えてくれます。

信繁は安土城を見たいがため、松を送り届ける役目を志願しました。松が乗った輿を、家来衆に化けた小山田茂誠が支えています。

6月1日、近江、安土城下へ到着します。西洋風の店が並び、通りには大勢の人がいて、外国人までいました。信繁は安土城の天守閣をポカーンと眺めていましたね。

真田屋敷へ入って、信繁は茂誠に「せっかくだからしばらくこちらにとどまり安土をゆっくり見て回ろうと思っています。セミナリオやらを見ましたか?安土では誰もが好きに市を開いて、商いができると聞いてましたが、異国人まで入り混じっているとは思わなかった。不思議な町ですよ。新しい世が始まるのです。織田信長という男、やはり面白い」と話しました。

夜、真田信繁は夢にうなされます。信長が「何をした」と叫んでいたのがよみがえりました。そして明智光秀の「敵は本能寺にあり」という声が聞こえ、本能寺が火に包まれます。天下統一を前に、織田信長が死にました。本能寺の変です!

大河ドラマ 真田丸 あらすじと感想
大河ドラマ 真田丸 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る