あさが来た 第2週 ふたつの花びら 第7回~第9回

今井あさ(波瑠)は白岡新次郎(玉木宏)に、はつ(宮崎あおい)は眉山惣兵衛(柄本佑)に、この春に嫁入りすることが決まります。もう少し鈴木梨央ちゃん、守殿愛生ちゃん、二宮輝生君の演技を見ていたかったです。

ある日、惣兵衛が母・菊(萬田久子)と一緒に訪ねてきました。梨江(寺島しのぶ)が席を立ってから、菊ははつに訳ありではと質問してきます。失礼ですよね。

廊下で、あさは惣兵衛に「1つ、お願いがございます。笑て頂けませんか?もうすぐ姉は、山王寺屋様のお嫁さんになります。姉はうちの自慢のお姉ちゃんです。優しゅうて、しっかりもんで。せやけど、そんな姉かて知らんとこにお嫁に行くんは不安です。もし山王寺屋様がいっぺんでも姉にニコリと笑てくれはったら、どんなに気が楽になるかと思て。せやから、お願いです。姉に、笑てやって頂けませんか?」と頼みました。

ところが惣兵衛「何でわしがお前にそないな指図受けなあかんのや。おなごのくせに。ちょっとは大人になったかと思たけど中身はあかんたれのままやな。おはつも辛気くさいおなごやが、お前よりは、まだマシやな」とこれまた失礼です。


あさはうめ(友近)に「あんな白蛇はん、投げ飛ばしてしもたらよかった」と文句をぶちまけます。さらに、あさは忠興(升毅)と梨江に「お父はん、お母はん!ほんまにお姉ちゃんはあんなお人のお嫁さんにならはるんですか?」と言いました。

新次郎の兄・正太郎(木内義一)が病にかかってしまいます。ちょっと重症の感じでしたね。新次郎からラブレターが届いて、あさだけでなく使用人たちが大はしゃぎします。


あさは忠政(林与一)に手紙の書き方を教えてもらいました。でもとっても下手な字です(汗)忠興は飛脚に、あさの手紙も頼んでくれました。あさの顔は真っ黒です。

やがて、新次郎から返事が来たと思ったら、五代才助(ディーン・フジオカ)からでした。ロンドンにいる才助は、イラスト入りで自転車が走っていると教えてくれ、写真も入ってましたね。

連続テレビ小説 あさが来た あらすじと感想
連続テレビ小説 あさが来た キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る