まれ 最終週 希空ウエディングケーキ 第154回

桶作家、希(土屋太鳳)圭太(山崎賢人)一徹(葉山奨之)がコンクール翌日に帰ってきました。徹(大泉洋)は派遣登録の住所も嘘で見つからないままです。

匠(小山春朋)歩実(横山芽生)みのり(門脇麦)が作ったケーキを食べました。匠は希と圭太の結婚写真がないのを気にします。2人は結婚式を挙げてなかったんですね。そこで元治(田中泯)たちが祭りの時に、希と圭太の結婚式をしてくれることになります。

希、圭太、匠、歩実の4人でピクニックへ出かけました。希は「私、コンクール出て、よかったわ。いろんな事、教えてもろてん。お父さんの事も」と大悟のことを思い出し「当然やってんね。横浜行って、シェフのケーキ、初めて食べた時、もうこれやって思ったんは。この道、ずうと歩いてみたい。世界一の向こうに何やあるがか、この目で見てみたい」と話します。

プチ・ソルシエール、一子(清水富美加)は希と沙耶(飯豊まりえ)に「ほれ、見てま! コンクールの記事。評判いいげんよ、希の密着取材。ほら。もう600いいぜ」とうれしそうです。朝子(細野今日子)たちも店にやって来ました。

一子は「昔、希の事、風のもんって言うた事あったね。土のもんの気持ちは風のもんには分からんちゅうて東京行って1個分かったわ。東京っちゃ、ふるさとから出てきた、土のもんだらけやった。明日いっぺん東京戻ってまた来るわ。希の結婚式に」と言いました。あと2日で最終回ですね。

連続テレビ小説 まれ あらすじと感想
連続テレビ小説 まれ キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る