まれ 第4週 さよなら桜もち 第23回


市役所、ミズハ(内田慈)が希(土屋太鳳)のところへやって来ました。コンサートでCDを売りたいので、希に個人的に売ってと強引に頼んできます。あまりに強引なので、希は「コンサートやるちゅうて、誰に聴きに来てもらうつもりですか?地元の人らちやがいね!ほれやったら少しは自分以外の人の事も考えたらどうなんけ?」と言ってしまい、ハッとしてました。

希が相談すると、みのり(門脇麦)は「希ちゃんは変わらんね、就職しても。人の事でもいつも一生懸命でジタバタ頑張って、移住もほういう風に思いやれればいいがにね」とやさしいです。後ろにいた洋一郎(高畑裕太)は「責任とって俺とつきあえ」と暴走気味でした(笑)

トイレ、新谷(山本圭祐)が同僚に「ありゃあ潰れるな、津村希。規則をちゃ守られん公務員なんて一番使えんがいね」と話してるのを、徹(大泉洋)が聞いてしまいます。キミ子(根岸季衣)は「紺谷は規則違反にはまんで厳しいさけな。まあ、あんたの娘は大丈夫やろ」と徹をいじります。

希は藍子(常盤貴子)と一緒に朝市へ行きますが、文(田中裕子)がいなくて、はる(鈴木砂羽)がいました。

圭太(山崎賢人)と偶然に会ったので、希は「ちょっとだけ、しゃべらんけ?」と声をかけます。圭太は博之が「あんな使えん新人は見た事がない。人事はどこ見て採用しとる。お荷物だ。厄介者だ」と話してたと正直に話しました。

桶作家、希は文に会いに行くと、元治(田中泯)しかいませんでした。希が桜もちについて「文さんのと味や違うげんけど」とたずねると、元治は「あれは塩や使っとる。うちの塩や」と教えてくれます。

物音がして、文が押し入れから出てきました。希が哲也について話すと、文は「ああ、もう面倒くさい。こうなったら文さんクイズや」と言い出します!

連続テレビ小説 まれ あらすじと感想
連続テレビ小説 まれ キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る