JIN-仁- 第4話 運命と悲劇の再会


南方仁(大沢たかお)は、友永未来(中谷美紀)とそっくりな野風(中谷美紀:2役)と出会って衝撃を受けました。未来の先祖が野風なんでしょうか?

坂本龍馬(内野聖陽)は勝海舟(小日向文世)に弟子入りし、恭太郎(小出恵介)も勝の秘書をすることになりました。未来から来たと打ち明けましたが、咲(綾瀬はるか)は普通に振舞います。

西洋医学所で、仁は講義することになりました。緒方洪庵(武田鉄矢)が熱心なので、佐分利祐輔(桐谷健太)山田純庵(田口浩正)たちも仁の話に聞き入ります。脚気(かっけ)はビタミンB1不足が原因と説明しました。もう歴史を変えることに、戸惑いがなくなったようですね。

仁はいろんな道具を作らせました。頭に穴を開けるドリルはちょっと恐いです(汗)夕食に揚げだし豆腐を咲に頼んでいると、竜馬が仁を誘いに来ました。吉原の赤提灯が妖しくきれいです。龍馬に案内された鈴屋で、仁は花魁(おいらん)の野風と出会います。仁はビックリしてましたね。


野風は「どんな病も治せるでありんすか?」と聞いてきますが、仁は「苗字は?お子さんは?」と混乱します。野風はあっかんべ~として、浅葱裏(あさぎうら)(田舎者)とバカにし去っていきました。仁は伝言を頼みます。目の下が白いのを見て、貧血だと気がついたのです。

女将(水沢アキ)から夫の彦三郎(六平直政)が病気だと聞かされました。彦三郎は大きないびきをかいて寝ています。仁は、慢性硬膜下血腫と診断し、頭に穴を開ける手術をすることになりました。恭太郎から道具をそろえるよう言われ、咲が準備をしていると写真を見つけました。仁と未来が写った写真です。

レントゲンもCTもないのに、よく手術ができますよね。目を閉じて「神は乗り越えられる試練しか与えない」とつぶやき、目を開いて覚悟を決めます。彦三郎を眠らせ、頭にドリルで穴を開けていきました。女将もなぜか見守ります。1箇所目に血腫はありません。

**
野風は龍馬に、恩人である彦三郎との出会いを話しました。幼い頃、髪を切って男の子になりすまし、逃げ出したものの、夕方に戻って来ると、彦三郎が温かく迎えてくれたのです。山盛りのご飯がおいしそう!

屋根の上で、彦三郎は「ここは日の本で唯一女が下克上できるのところだ。犬にも等しい女郎が、菩薩に成りあがれる所だ」と野風に話します。それから野風は上を目指そうとしたのです。

2箇所目に穴を開けると、血がピューと飛び出しました。血腫が見つかったのです。手術が失敗したら意のそわない客を取るという約束を、仁が覚えていたので、野風は感激します。帰ろうとする仁に、野風はまた来る時は、心よりもてなすと頭を下げました。龍馬がからかい、野風が笑う姿に、仁は未来の笑顔を重ねます。

野風が未来の先祖なら、野風を治療することで、未来の将来を変えられると仁は考え始めました。2007.10.13の写真を見ると、病室ではなく、リビングで微笑む仁と未来の絵に変わっています。映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」にも出てきた手法ですね。

***
仁は咲と一緒に、彦三郎の診察へ行きました。仁が揚げ豆腐を食べたいからさっさと帰ったと聞かされ、咲は機嫌を直します。しかし野風を見てビックリ。写真の女とそっくりだったから。野風は仁と咲を、病に苦しむ夕霧(高岡早紀)のところへ連れていきました。次回も楽しみです。

JIN-仁- あらすじと感想
JIN-仁- キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る