マッサン 最終週 人生は冒険旅行 第147回

政春(玉山鉄二)が帰ってくると、エマ(木南晴夏)しかいません。エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は病院で、マイク(中島トニー)は写真を撮りに行ったのです。

政春は仙台か西宮に建てる新工場の図面を見せ、グレーンウイスキーを造ろうと思うと話します。そして政春はエリーを迎えに出て行きました。

雪道を歩いて行くと、向こうからエリーがとぼとぼ歩いてるのが見えます。エリーは川のところへ来ると歌い出しました。橋の上に政春にエリーが気が付きます。政春が「診療所どうじゃった?」と聞くと、
エリーは「別に。いつもの薬をもらって先生とおしゃべりしてきただけ」と答えました。

エマとマイクが帰国して5日目、主治医の川上一恵先生が往診の帰りに寄ってくれます。天海祐希さんです。「花子とアン」の茂木先生と違って、安心して見てられます!

エリーと話し終わった川上先生に、政春は本当の病状について質問しました。音が消えてしまって、何を話したかわかりません。深刻な感じでしたね。

部屋でエリーは手紙を書いてました。「大好きなマッサン。私と出会ってくれてありがとう。お嫁さんにしてくれてありがとう。この美しい国。そして私の故郷になった日本に連れてきてくれてありがとう。おかげで私はとってもすてきなアドベンチャーができました。だけどアドベンチャーの終わりが近づいてきたようです。最後に感謝を込めてこの手紙を書き残します」

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る