マッサン 第18週 遠くて近きは男女の仲 第108回

政春(玉山鉄二)が考えているシーンの後、回想シーンが流れます。野々村家、政春はエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)とともに頭を下げ、野々村(神尾佑)渡芳利(オール阪神)に、アップルブランデーの蒸留酒のため、あと10万円の増資を頼みました。

渡に「その蒸溜機で、まさかウイスキー造る訳やないやろな?」と言われ、政春は「違います。ウイスキーはお許しを頂けるまで作りません」と真剣な表情です。

俊夫(八嶋智人)ハナ(小池栄子)の祝言が行われ、マッサンとエリーは初めて仲人を務めます。エリーとチエ(酒井若菜)に付き添われ、和服姿のハナがやってきて、俊夫はびっくりした表情です。熊虎(風間杜夫)一馬(堀井新太)進(螢雪次朗)たちに笑顔が広がります。

新郎新婦のあいさつの後、政春は「最後にわしから、1つ発表があります。ウイスキーを、造り始めることにしました。リンゴ汁はまだ思うようには売れとらん。じゃけどわしゃ、リンゴ汁やワインやゼリーの開発も進めながら、同時に本来目的じゃったウイスキー造りを始めよう思う。わしゃ必ず本場スコットランドにも負けん、世界一うまいウイスキーを、この北海道で造ってみせます! じゃけん皆さん、わしに力を貸してつかぁさい!お願いします」と頭を下げました。

最初の政春は、何か考えてる様子でした。実は、野々村と渡にウソを言って、増資を引き出し、ウイスキー事業を始めるつもりだったのです。英一郎が突然に死んでしまって、政春は早くウイスキーを造らないととと思ったんでしょうね。

佐渡社長たちによってポットスチルを設置され、いよいよ北海道でウイスキー造りが始まります!

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る