マッサン 第17週 負うた子に教えられる 第102回


エマ(住田萌乃)が「お母さん。ずっとそばにいてくれて、ありがとう」と言うと、エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は「当たり前でしょ。エマのお母さんです」と笑顔を見せます。エマは「ごめんね、ちゃんとわかってるんだけど。お母さんがお父さんの夢をかなえるために日本に来て、日本語を覚えて料理も覚えて。いつも頑張って、エマのこと大事にしてくれてることも、全部、わかってるんだけど」と大人の答えです。

エリーが寝巻を縫ってくれ、政春(玉山鉄二)エリー、エマは久しぶりで3人で眠りましたね。

政春が父兄参観にりんご汁を差し入れしようとするので、一馬(堀井新太)は「病人の見舞いならまだしも、父兄参観に親がリンゴジュース持っていくなんて聞いたことないです」と止めます。その言葉で、政春は「ほうか!その手があったか」とひらめきました。

父兄参観の日、チエ(酒井若菜)もやって来ます。チエが着ていたワンピースは「カーネーション」で糸子が着てものと一緒みたいですね。

エマは「わたしのかぞく 亀山エマ。私には、本当のお母さんと、お父さんがいました。けれども、私が生まれてすぐに、亡くなっしまいました。けれども、私は寂しくありません。それは私には、世界一のお父さんとお母さんがいるからです。・・・」と作文を発表します。立派でしたね。

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る