マッサン 第14週 渡る世間に鬼はない 第83回

政春(玉山鉄二)はやっと列車に乗り込みます。しかし列車が停止してしまったので、車掌に聞くと、時間調整だと答えました。政春は怒って、他の乗客とケンカになりそうになります。

広島亀山家、早苗(泉ピン子)が吐血してしまいました。医者は「会わしたい人がおったら、呼んであげた方がええ。明日の朝まで、もつかどうか」と言います。

千加子(西田尚美)が「お母ちゃん、お薬のんどこうか」と聞くと、早苗は「いらん。薬も医者も呼ばんでええ。エリーさんの酸いの飲ましてつかい」とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)のホットトディーを頼みましたね。

2人きりになると、早苗は政志(前田吟)に「政春帰ってきたら、簡単でええ、祝言挙げてやってつかい」と言います。千加子はエリーを着替えに2階へ行き、島爺(高橋元太郎)とすみれは政春を迎えに表へ出て行きました。エマ(住田萌乃)の姿が見えませんね。

列車の中、政春は幼い頃を思い出していました。早苗は政春を励まします。「政春、男じゃろう!負けるようなけんかすな!勝つまで帰ってきたらいけん!わかったか」

「どがな辛いことあっても泣き言はいけん。つらいこと、苦しいことがあって、乗り越えて人は成長するんじゃ。諦めたらいけん。最後までやり通し!前を向いて堂々と歩いていきんさい!どげなことあっても諦めたらいけん!最後までやり」

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る