マッサン 第13週 急いては事をし損じる 第75回

亀山家、政春(玉山鉄二)が「熟成しとらんもんを、どがいに頑張ったって。できんもんはできんのじゃ」と言うと、エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)は「だけど会社潰れる、困るでしょ? 頑張って大将についていくしかないじゃない」と励まします。早苗(泉ピン子)が聞いてましたね。

早苗は「広島帰ってきたらどうね?エマは大丈夫なんか?造れんウイスケにかまけて、外国人にエマ預けて。ほんまにエマ、大丈夫なんか」と心配します。政春は「お母ちゃん、エリーはよう頑張ってくれとる。エマのことを思うて厳しゅう躾もしてくれとるし」とエリーをかばいました。

鴨居商店、澤田(オール巨人)がやって来ます。鴨居(堤真一)が「まだ試作品ですが、国産初のウイスキーをぜひご賞味頂きたいと。澤田さんの舌で、外国産のウイスキーと比べて、率直な感想を頂ければ。とにかく言いたいこと言うてください」と頼みました。

澤田は「あんた評判悪いで。ビールも始めるんやろ?商いには商いの筋というのがある。よそより何でもかんでも安うやって、叩き売ったらそれでええ。そんなもんやない」と先制パンチです!

政春たちが作ったウイスキーを出すと、澤田は「香りは本格的や」と言って、飲むと「中途半端やな。鴨居さん、ウイスキーなんかに手を出してどうしまんねんな。そもそも日本と本場では歴史が違い過ぎます。あんた、イミテーションの鴨居さんやな!太陽ワイン、あれもあかんな。子供だましもええとこやわ。欧米人に飲ましてみいな、笑われまっせ。あんたはなんでも偽物でよろしいんでっしゃろ」ときついですね。

澤田が帰ってから、鴨居は「今世間にどう思われてようが、何を言われようがかめへん。要はこれからや!売りだそう。これがマッサンのウイスキーやいうもんをもう1回ブレンドしてみてくれ! イミテーションの鴨居言われたままで終わる訳にはいかん。わての本気見せたる。マッサン、わてに力貸してくれ」と頼みます。政春もやる気を出し、俊夫(八嶋智人)も協力してくれることになりました!

連続テレビ小説 マッサン あらすじと感想
連続テレビ小説 マッサン キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る