軍師官兵衛 最終回 乱世ここに終る


いよいよ最終回になりましたね。岡田准一さんはじめ出演者の方々、スタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした。

慶長5年(1600)9月、黒田如水(岡田准一)を率いる9千の黒田軍は豊後で西軍を次々に撃破します。9月15日、東西20万の兵が関ヶ原に集結しました。笹尾山に石田三成(田中圭)、桃配山に徳川家康(寺尾聰)がそれぞれ本陣を構えます。

黒田長政(松坂桃李)は岡山に本陣を置いていました。やがて戦いが始まり、長政は「よいか、今こそまさに天下分け目の決戦じゃ」と叫び、後藤又兵衛(塚本高史)は「遅れを取るな!ここが命の捨て所ぞ!我に続け」と兵を率いて攻めて行きます。

九州豊後、井上九郎右衛門(高橋一生)が「肥前の鍋島直茂様よりお味方したいとのお申し出にございます」と言うと、如水は「豊後を平らげ、筑後に向かう折に加勢をお願いすると伝えよ」と命じました。
母里太兵衛(速水もこみち)が石田方の城ばかりと言うと、栗山善助(濱田岳)は「それこそ思う壺。徳川に味方すると見せかけ、それらの城は全て我らがつぶす」と言い、如水は「我が企みが明らかになる頃には九州は全て黒田のものじゃ」と笑いましたね。


関ヶ原の戦いが始まって4時間、三成本陣から狼煙が上がったのを知り、家康は小早川秀秋(浅利陽介)への合図だと気づきます。家康は大砲を秀秋の陣へ撃たせました。度肝を抜かれた小早川秀秋は、東軍に味方し、石田三成軍に攻めかかってきます。三成は東軍に攻められ、敗走しました。

数日後、善助が「大坂より報せが…。すべて終わりました」と元気なく書状を如水に持ってきます。如水は「ハハハ」と笑って、机をひっくり返しました。関が原の合戦はわずか1日で終わったのです。

大坂城、徳川家康が家臣たちとともに、淀(二階堂ふみ)豊臣秀頼(小美野来希)に戦勝報告します。捕らえられた三成らを、淀がかばおうとすると、家康は「豊臣家に背いた不逞の輩を許しては示しがつきません。天下のため、この家康が成敗致します。逆賊をかばう者も同罪」と釘を刺し去って行きました。淀は「今に見ておれ、秀頼が長じた暁には」とつぶやきます。

長政は、捕らえられた三成、小西行長(忍成修吾)安国寺恵瓊(山路和弘)の元へ行きました。長政が「恵瓊殿、此度ばかりは見通しを誤りましたな」と言うと、恵瓊は「まさか吉川、小早川、ともに調略していたとはな。さすがは如水殿の息子。あっぱれじゃ」と笑います。

行長は祈りを捧げてるので声をかけず、長政は「石田殿、お主とは遺恨もあったがこのようになったからには、すべては水に流そう」と自分の陣羽織を脱いで、三成の肩にかけました。三成は「黒田殿、望みを絶たれたそれがしだが、哀れみなど無用にござる。我が思い、如水殿だけはわかってくれよう」と話します。10月1日、三成らは処刑されました。

**
筑前52万石が黒田家に与えられることになります。家康は長政に「如水殿は九州でずいぶん骨を折ってくれたようじゃが。もう十分じゃとお伝えくださらぬか」と頼みました。

如水は九州の7ヶ国を占領しましたが、すべてを放棄し、豊前中津へ戻ります。長政が「父上、徳川様はそれがしをこたびの武功一番と、我が手を取ってお褒めくださりました」と報告すると、如水は「長政、内府殿がお前の手を取ったと言うが、それはどちらの手じゃ」と聞いてきました。長政が「右手にございますが」と答えると、如水は「その時、お前の左手は何をしておった」と去っていきます。

2人の話を聞いていた黒田一成(小林ユウキチ)が「左手とは何のことでございますか」とたずねると、又兵衛は「余った手で徳川様を刺せば大殿の天下になったかもしれぬということじゃ」と解説しました。如水、怖いですね。

***
大坂城、如水が「こたびの関ヶ原での大勝利、祝着至極に存じます」とあいさつすると、家康は「倅殿の働きのおかげじゃ。如水殿にも助けられた。九州での働き比類なきもの。機内で思い通りの所領を差し上げたいと思っておるが」と話します。

如水は「それがし九州にて天下を夢見た。我らの間で建て前は不要かと」と言うと、家康が近づいて「お主を欲しいと言ったのは建て前とは言い切れんかもしれんぞ」と如水の前に座りました。

家康は「九州でのお主の妙な動き、内心ひやひやしておったぞ」と打ち明け、三成の最期を話します。如水が「1つ知っておきたいことが。この後、徳川殿はどのような世をお作りになるのかお聞かせ願いたい」と頼むと、家康は「天下はそれを治めるに相応しい者が治めるのがよい。されど天下は一人の天下にあらず。天下は天下の天下の天下なり。わしが死んでも争いの起こらぬ太平の世を作る。それがわしの望みじゃ」と答えました。

如水が「私利私欲のためでないと?」と聞くと、家康は「ああ。そなたに約束しよう」と言います。如水は「それがし生涯戦で負けたことはござらぬ。されどこたびは内府様に負け申した。負けて悔いはなし。そう思うておりまする」と頭を下げましたね。

****
筑前に移った黒田家は博多に近い地に福岡城を築きます。慶長7年11月、栄(吉本実憂)が長政の子を生み、光(中谷美紀)お福(阿知波悟美)も大喜びしました。如水は万徳と名づけます。

慶長8年2月、徳川家康は征夷大将軍になりました。如水は京のおね(黒木瞳)を訪ねます。おねは豊臣の天下を夢見てるのは、淀と加藤清正(阿部進之介)福島正則(石黒英雄)ぐらいだと言うと、如水は「もはや徳川の天下は盤石」と話しました。

慶長9年(1604)正月、如水は長政と善助を呼びます。如水は「4年前、関ヶ原の折、わしは九州で天下の夢を見た。だがその夢もわずか1日で敗れた。他ならぬ、お前の働きによってじゃ。見事であった。お前は立派に黒田家を守った。あれでよかったのだ。長政、あの時、お前はわしを超えた。うれしかったぞ。子に超えられるというのは悪いことではない。

わしはな、もう死ぬであろう。あと、ふたつきといったところじゃ。長政、家臣や民の声によくよく耳を傾けよ。そして、信じろ。わしには善助がいた。わしと善助は心はいつも1つであった。お主にもそういう者がいるはず」と話しました。

さらに如水は善助に「この兜はな、わしじゃ。わしの魂をお主に託す。お主には感謝しておるぞ。済まぬが、先に逝く」とお椀型の赤い兜・赤合子をプレゼントします。長政も善助も号泣してました。3月20日、如水は光、長政や家臣たちに見守られ、死んでいきましたね。

*****
慶長20年(1615)4月、如水の死から11年、大阪夏の陣が始まります。豊臣家が雇った牢人たちの中に、又兵衛の姿がありました。又兵衛は長政と対立し、出奔したそうですが、何があったのでしょうね?又兵衛は銃弾に倒れ、淀も秀頼とともに死んでいきました。

家康は「終わったか。如水、お主との約束した戦なき世がようやく始まるぞ」と感慨深げです。

福岡城、尼姿の光が縁に座ってると、長政がやって来ました。光が「ようやく終わりましたか」と言うと、長政は「ようやく乱世が終わりました。冷えてまいりました。何かお召し物がいりましょう」と去っていきます。

光が庭の先にある藤の花を見てると、如水がいました。光が「殿、よく生き抜かれましたな」と声をかけると、如水は笑顔を見せましたね。

軍師官兵衛 あらすじと感想
軍師官兵衛 キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る