麒麟がくる 40話 松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)

天正5(1577)年夏、本願寺は毛利や
上杉と手を結び、反信長勢の中心でした。
織田信長と本願寺の戦いは7年あまりに
及び、松永久秀(吉田鋼太郎)が突然に
逃亡を図り、織田家中に衝撃を与えます。

明智光秀(長谷川博己)は手のひらに乗った
小さな爪を眺めながら、煕子(木村文乃)を
思い出していました。

たま(芦田愛菜)は駒(門脇麦)に
光秀が亡くなった煕子の爪を小さな器に入れ
大切にしてると話し、笑いあっていると
光秀本人がやってきます。

たまが駒に薬のことを学びたいと言い出した
時は驚いたと光秀が言いました。たまは駒
から薬について教えてもらっていたのです。

駒は伊呂波太夫(尾野真千子)から預かった
文を渡してきました。光秀はそれを読むと
「ゆっくりしていかれるがよい」と去って
いきます。

* 松永久秀と伊呂波太夫

光秀が神社へ行くと三条西実澄(石橋蓮司)
が帰るところでした。実澄は、帝が信長の
行く末を案じてるので、光秀と話したがって
いると言い、去って行きます。

光秀が神社の小屋へ入って行くのを
見知らぬ男が見張っていましたね。

小屋には伊呂波太夫だけでなく松永久秀も
いて、お酒をすすめてきます。光秀は
「今日は飲まずにいられません」と
不機嫌にお酒を口の中へ運びました。

そして2か月前、羽柴秀吉(佐々木蔵之介)
が、上杉攻めの柴田勝家(安藤政信)の陣を
勝手に引き払い、信長から切腹を命じられた
が、ようやくとりなしたと光秀は話します。

松永久秀は秀吉の気持ちがよくわかると言い
上杉攻めに秀吉を加わらせた信長に非がある
大和の守護に筒井順慶を命じたのも間違いだ
と言いました。

さらに久秀は、寝返って本願寺につくと
言い出します。本願寺につけば、大和一国を
任せると約束してくれたというのです。

* 松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)

松永久秀は「そなたに見せたいものがある。
命の次に大切にしてる茶道具で。平蜘蛛と
名付けられた天下一の名物じゃ」と言って
箱の中から鉄の茶釜を出してきました。

そして信長は平蜘蛛にご執心だが、渡す
つもりはないが、十兵衛そなたになら
渡してもよいと言い、戦うのは本気では
ないと言うと、光秀も「私も戦いとう
ない。信長様には命をかけておとりなし
するので寝返るのはやめて」と頼みます。

しかし久秀は「そうはいかんのだ。わしにも
意地がある。見ろこの釜を。これはわしじゃ
天下一の名物なのじゃ。そなたに討たれたと
しても、これは生き残る。そなたの手の中で
生き続ける、それでよいと思ったのじゃ」
と平蜘蛛を持ち上げ、涙目です。

光秀は「松永様!げせぬ、げせぬ、げせぬ」
と涙顔で訴えるので、久秀は「まあいいから
今日は飲め」とお酒をすすめ、平蜘蛛は
太夫に預けて置くので、勝った方が手にする
ことにしようと話します。

光秀は「平蜘蛛など欲しくない!戦いなど
したくない」と泣き叫びますが、この秋
松永久秀は大和の信貴山城で挙兵しました。

* 細川藤孝と細川忠興親子

織田信長は織田信忠(井上瑞稀)を総大将と
する大軍を大和へ送ります。織田軍の陣で
明智光秀は佐久間信盛(金子ノブアキ)から
信長は久秀を許してやってもいいが、平蜘蛛
を必ず手に入れること、さもなくば裏切り者
の見せしめとして、磔にすると伝えられ
ました。

信盛は、信長について、安土城築城と
茶道具集めにご執心だとぼやきます。

佐久間信盛が去って、細川藤孝(眞島秀和)
が来て、息子の細川忠興(望月歩)を
紹介してきました。

* 松永久秀の最期

織田信忠の軍勢が、松永久秀の信貴山城に
攻めかかります。負けを覚悟した久秀は
茶道具に油をかけて、火をつけると、家臣に
「よいか。わしの首をこの箱に入れ、
名物とともに焼き払え!げに何事も一炊の
夢!南無三宝」と切腹して果てました。

織田信忠が「エイエイ!」と叫ぶと
織田軍の兵たちが「オー!」と
勝どきを挙げますが、光秀は涙目です。

一方、安土城の織田信長(染谷将太)は
「うう~」と声をあげ、泣いています。

松永久秀は平蜘蛛とともに爆死するのでは
なかったですね。

* 帰蝶との久しぶりの再会

明智光秀が安土城の広間へ行くと
帰蝶(川口春奈)が焼けただれた茶器の
そばに座っていました。お互い久しぶりの
再会です。

帰蝶は、信長は隣の部屋で泣いているが
松永久秀の死を嘆いてるのか、平蜘蛛が
なくなった事を嘆いているのかわからない
と言います。

そして帰蝶は、天下一の富士山に登った者は
祟られると言われているが、信長も右大将と
いう足利将軍と天下一のなったので、信長
だけでなく、けしかけた自分も祟られると
心配しました。

光秀が、自分も同じように祟られると言うと
帰蝶は、少々疲れたので、美濃の鷺山の
麓の館に移ろうと思うので、戦が終わったら
遊びにおいでと誘ってきます。

* 織田信長からの質問

織田信長が、ふてくされた顔で登場して
佐久間信盛は役立たずじゃと、平蜘蛛を
手に入れられなかった事を責めました。

帰蝶の心は、信長から離れているような
感じで、席をはずします。信長は2つ
用件があると言ってきました。

1つ目は、平蜘蛛のことです。戦の前に
松永久秀が京の伊呂波太夫の小屋へ行き
親しい者と会っていたようだが、久秀と
会っていないか?平蜘蛛について話したか
?と質問してきました。

光秀は。久秀と会ったことは認めますが
平蜘蛛のことは話題に出なかったと
嘘をつきます。

信長は「うん。そうか。それは残念じゃ」
と納得した様子でしたが、松永久秀だけで
なく、帰蝶や帝が自分から離れていって
しまうと嘆きました。

もう1つは、たまの嫁入り先として
細川忠興はどうかとすすめきて
丹波攻めに取り掛かれと命じます。

光秀が大広間から去ってから、信長は
「十兵衛がはじめて、わしに嘘をついたぞ」
と言い、羽柴秀吉(佐々木蔵之介)を呼び
「調べた事に間違いはないな」と確認
しました。恐ろしいですね。

* 松永久秀の罠

明智光秀が坂本城へ戻ると
たまが薬草を煎じてくれていました。
光秀はそれを飲んで、渋い顔になり
たまが笑います(笑)

藤田伝吾(徳重聡)が、伊呂波太夫が
訪ねてきたと報告しました。
太夫は松永久秀との約束通り、
平蜘蛛を持ってきてくれたのです。

光秀が平蜘蛛を箱から取り出すと
夕日が差し込んできて、照らしました。

光秀は、信長から平蜘蛛のことを問われたが
知っていると言えなかったと打ち明けてから
「そうか、これは罠だ。まんまと引っかかっ
てしまった。これま松永久秀の罠じゃ。
松永様の笑い声が聞こえる。『どうじゃ
十兵衛、恐れ入ったか』ハハハハハ」と
目をまん丸にして、大笑いします。

太夫は「これを持つ者には覚悟がいると
松永様が十兵衛に申してくれと」と言い
去って行こうとします。

光秀は太夫に、正親町天皇(坂東玉三郎)に
拝謁して、信長のことをいかにご覧になって
いるかお聞きしたいと頼みました。

明智光秀と松永久秀の関係は、
大河ドラマ「軍師官兵衛」における
黒田官兵衛(岡田准一)と荒木村重
(田中哲司)の関係に似ていましたね。

若い頃から、お互いに気持ちを通じ合わせて
いたのですが、戦いの中で2人の関係が
崩れてしまいました。「麒麟がくる」も
いよいよクライマックスですね。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る