麒麟がくる 26話 小藪千豊さん、手塚とおるさん登場

小藪千豊さん、手塚とおるさんが
登場してきましたね。

小藪千豊さんは、二条晴良役で、関白・
近衛前久(本郷奏多)に敵対する勢力で
嫌味を言って、前久にプレッシャーを与え
ため息をつかせていました。

手塚とおるさんは朝倉義鏡役です。義鏡は
朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の
いとこですが、上洛に反対してきます。

2人とも癖のあるキャラクターで
目立っていましたね(笑)

* 小藪千豊さんの二条晴良

永禄10年(1567)年、明智十兵衛光秀
(長谷川博己)の助言もあって、朝倉義景は
足利義昭(滝藤賢一)を奉じ、上洛する事を
決意します。

一方、足利義栄(一ノ瀬颯)は
三好長逸(宮原奨伍)岩成友通(高野弘樹)
三好宗渭(岡けんじ)の三好三人衆の後押し
で、室町幕府第14代将軍となりました。

しかし足利義栄は重い病気を抱えており
摂津の国にとどまり上洛できずにいます。

京、内裏、二条晴良たちが話していたので
近衛前久が何を密談してるのかと聞くと
足利義栄が上洛できないでいると話していた
と晴良は答えました。

そして、足利義栄は三好一族の操り人形と
なる事にためらいが出てきた。この不始末を
関白である前久は、どう責任を取るつもり
なのかと晴良は責めてきます。

* 近衛前久と伊呂波太夫

近衛前久が御所の外の通りを、輿に揺られて
移動していると、伊呂波太夫(尾野真千子)
が壊れた壁を触っているのが見えたので
声をかけました。

太夫は、帝の威光を取り戻すためにも
早く壁を直すよう命じてと頼みますが
前久は、お金がないと寂しそうです。

足利義昭が元服する事を帝が認めたので
自分の代わりに越前へ行って欲しいと
前久が頼むと、太夫はお金を要求して
きました。この世を美しくするためには
お金が必要だというのです。

* 足利義昭の元服

永禄11年4月、一乗谷で
足利義昭は元服し、朝倉義景が烏帽子親となり
二条晴良が見届けました。

明智光秀は明智左馬助(間宮祥太朗)とともに
足利義昭の上洛を助ける大名について考え
ます。上杉も、六角も頼りにならず
織田信長と朝倉義景しかいませんが
京の三好と戦えるのは、織田しかいない
という結論に至りました。

山崎吉家(榎木孝明)が訪ねてきます。
足利義昭の元服の宴を行いたい、
伊呂波太夫も来るので、光秀にも出席して
欲しいというのです。

そして吉家は、朝倉一門の中には
上洛に反対の者もいると教えてくれました。

光秀が一乗谷の市へ行くと、物資があふれ
かえっています。上洛するためには
武器や兵糧が必要なので、品薄になるはず
なのです。鍛冶屋も暇そうで「当分は
戦はなさそうだ」と話しました。

* 朝倉義景の上洛に、朝倉義鏡が反対する

一乗谷の朝倉館で、宴が開かれます。
朝倉義景は息子の阿君丸(森優理斗)が
京へ行きたいと言ったから、上洛を決意
したと笑いました。

朝倉義景のいとこ・朝倉義鏡(手塚とおる)
が、足利義昭の元服と上洛は別問題では
ないかと言ってきます。

義景は同じ事だと言い、三淵藤英(谷原
章介)も賛成しますが、義鏡は上洛すれば
三好勢と戦になると心配しました。

そして義景と義鏡は光秀に意見を聞いて
きます。光秀は、上杉らは上洛しないだろう
と言ってから、一乗谷の市に物があふれて
いて、上洛の準備をしているように見えない
と指摘しました。義景は暗い顔になりますが
義鏡はニッコリ笑いましたね。

* 明智光秀と伊呂波太夫

明智光秀は伊呂波太夫と話します。
太夫は、朝倉義景について、一乗谷で
和歌でも詠んでいるのがお似合いだと
評しました。

そして太夫は、光秀について、足利義輝や
松永久秀にも好かれる不思議な人で
10年近くも越前にいたのだから、そろそろ
自分の船を出す潮時なのではと言います。

光秀が、自分の船が見つからないというと
太夫はその船の名が織田信長だという事を
光秀はわかっていると見抜いていました。

* 明智光秀と織田信長

明智光秀は美濃岐阜城へ行き
織田信長(染谷将太)と会いました。
信長は自分1人で上洛することに驚いた
様子でしたが、光秀は尾張と美濃の兵が
あれば、三好勢に勝てると話します。

信長は地図を見て「マムシの申した大きな世
か。京へ出て大きな世を作るか。よしそなた
の申す通りやってみる。足利義昭様をこの
美濃へお連れせよ」と命じました。

明智光秀は一乗谷へ戻って、ある寺で
足利義昭や三淵藤英、細川藤孝(眞島秀和)
らと話し合います。

足利義昭が織田信長とともに上洛すると
なれば、朝倉義景は面目をつぶされるが
朝倉一門はまとまっていないと藤英藤孝
兄弟は話しました。

義昭は「私は美濃へ行く。そなたを信じま
しょう。私は小さな蟻じゃ。誰か強き者に
助けてもらわねばならぬ」と光秀に
言います。

* 朝倉義景の怒り

光秀は明智館へ帰り、煕子(木村文乃)に
下手をする罰を受ける事になるので
ここを引き払い、美濃へ向かう事にすると
伝えました。

煕子が「怖いことはありません。うれしい
ばかりです」と答えると、光秀は「そなたは
まことによき嫁御寮だの」とその手を取り
ましたね。

2日後、朝倉義景は足利義昭から
越前を出て、美濃へ向かうという手紙を
もらい怒りだします。そして国境へ兵を出し
頭ごなしに上洛できない事を思い知らせる
と言いました。

満月の夜、朝倉義鏡と山崎吉家と三淵藤英が
密かに会っていました。朝倉家にとって
上洛するのは過分な負担がかかるので
知恵を出そうと話し合います。

* 三淵の奸計(かんけい)

朝倉家の台所で、毒見侍女はお吸い物の味見
をして、問題ないと言い、お吸い物が運ばれ
ていきました。

ところが、しばらくして毒見侍女が
廊下へ出て、倒れこみます。

侍女が持ってきたお吸い物を阿君丸が飲んで
おいしいと言ってましたが、やがて顔を
曇らせました。

山崎吉家に一大事を知らされ、朝倉義景が
座敷へ急ぎますが、阿君丸はすでに
こと切れていましたね。

「三淵の奸計(かんけい)」なので、
三淵藤英が朝倉義鏡と山崎吉家らと
計ったのに間違いないようです。

* 足利義昭は美濃へ向かう

1か月後、朝倉義景は力なく、阿君丸が可愛
いがっていたネズミを眺めていました。

三淵藤英が足利義昭とともに美濃へ行く
あいさつに来ます。義景は織田信長ごときが
義昭を支える事ができるか見ものだと言い
ますが、自らは上洛するつもりは全くない
様子です。

細川藤孝が明智家に光秀を迎えにやって
きました。光秀は煕子に、後から美濃へ
来るように言って、岸(白鳥玉季)と
たま(志水心音)の頭をなでます。

藤孝は6才の息子がいると言い
たまも6才でした。永禄11年7月、
明智光秀は足利義昭とともに美濃へ
向かいます。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る