麒麟がくる 22話 本郷奏多さん、滝藤賢一さん登場

コロナ禍のため、放送休止となっていた
「麒麟がくる」が再開されましたね。
数か月のブランクがありましたが、
長谷川博己さんの明智光秀が現れ、ドラマに
すっと入っていくことができました。

桶狭間の戦いから4年後、
永禄7年(1564)年、冬の越前で、
明智光秀は書物を読んでいました。

煕子(木村文乃)牧(石川さゆり)そして
光秀と煕子の子・お岸(宝辺花帆美)と
たまがいます。明智左馬助(間宮祥太朗)は
光秀が書物ばかり読んでいるのを心配して
いました。

* 本郷奏多さんの関白・近衛前久

三好長慶(山路和弘)が京の実権を掌握
していて、平穏な時を迎えていました。
松永久秀(吉田鋼太郎)は大和の国を
任されます。

室町幕府13代将軍・足利義輝(向井理)は
三好長慶の傀儡となっていました。
関白・近衛前久(本郷奏多)から甲子の年
なのに、改元しないのかと問われ、義輝は
将軍とは名ばかり、京を治めているのは
三好長慶で、帝も将軍を軽んじているので
帝を信用していないと怒ります。

そして義輝が「改元など知りませぬ」と
席を立つのを、三淵藤英(谷原章介)と
細川藤孝(眞島秀和)は黙って見送る
しかありません。

* 京よりの使者は細川藤孝

細川藤孝が越前の光秀を訪ねてきます。
煕子が、尾頭付きの魚を出したので
光秀はびっくり(笑)

赤ちゃんのたまを藤孝に抱っこしてもらい
ました。たまが人見知りしないので煕子たち
は笑います。

夜、藤孝は光秀と2人きりになると、
上洛して欲しいと頼んできました。
足利義輝が、二条御所で能を開くので
光秀とともに見たいと言っているという
のです。

光秀は煕子のところへ行き、京へ行くことに
なったと伝えます。そして越前に来て8年に
なるが、何も変わらない暮らしなので、
京へ行って、己の力を試してみたいと
話しました。

一乗谷の朝倉館、朝倉義景(ユースケ・
サンタマリア)は光秀の上洛を許して
くれます。しかし逐一聞いたことを
知らせるよう言ってきました。

* 駒、望月東庵とケンカする

京で、望月東庵(堺正章)は患者に針治療を
していました。その患者から、駒の薬は良く
効くと聞いて、東庵は不機嫌になります。

駒(門脇麦)が丸薬を作っていると、
東庵が来て「どういうつもりでそんなものを
作っているのか?」と怒りました。
効能もわからず、何かあったらどうするのか
というのです。

駒は、芳仁(ベンガル)から教わった丸薬
なので、危ないものではないと反発し
出て行ってしまいました。

* 伊呂波太夫と関白・近衛前久

駒が伊呂波太夫(尾野真千子)を訪ねて
行くと、太夫はお公家様とサイコロ遊びを
していました。

そのお公家様が、関白の近衛前久だという
ので、駒はびっくり!伊呂波太夫は前久を
弟みたいなものと笑います。太夫は幼い頃
近衛家にいたことがあり、赤ちゃんだった
前久のおしめを取り換えたことがあるも
です(笑)

伊呂波太夫は駒に一緒に大和へ行こうと
誘います。松永久秀が鳴り物を禁止して
いるのを解除してもらいに行くのでした。

* 滝藤賢一さんの覚慶、足利義昭

大和多聞城、近衛前久と松永久秀が
話します。前久が、将軍を亡き者しようと
している者がいる、久秀の子・久通が一枚
かんでいると問い詰めますが、久秀は
バカバカしいと笑いました。

駒が市を歩いていると、子供たちが「坊様
が来た」と走っていきます。駒が子供たちに
ついていくと、坊様がみんなに、おもちを
配っていました。

おもちをもらったおばあさんに聞くと
名前もわからぬが、生き仏のような人だと
うれしそうです。

駒は坊様の後をついていくと、坊様が振り
向きました。駒が、皆さんが生き仏のような
人だと言っていると話すと、坊様は己が
できる事をしているだけと答えて、去って
行きました。

覚慶(滝藤賢一)という坊様は、後の
室町幕府15代将軍・足利義昭なのですね。

* 松永久秀と伊呂波太夫

伊呂波太夫は松永久秀に、鳴り物禁止の件を
何とかしてと頼みます。久秀は亡くなった
女房の喪が明けるまで待って欲しいと言って
から、このままずっと大和にいないか?と
太夫に近づいてきました。

久秀が、女房に先立たれ、さびしいと手を
握りますが、太夫は私にはやることがあると
断ります(笑)

* 明智光秀、足利義輝と面会する

京の二条御所で、明智光秀は三淵藤英と
細川藤孝に会いました。2人は能が終わって
から、上様は光秀に、三好長慶を討てと
言ってくるだろうと打ち明けます。
光秀は驚きました。

足利義輝は公家たちを迎えて、能を楽しみ
ます。光秀は義輝の横顔を見つめていました。

能が終わってから、光秀は義輝と居室で
2人きりで話します。義輝は扇で手を打ち
ながら「お告げの通りじゃ」と言いました。

夢に観音菩薩が出てきて、越前から助けが
来るので、それを頼りにせよと告げたと
いうのです。

そして義輝は光秀に、三好長慶を討てと
頼もうと思っていたが、頭を冷やして考え
闇討ちを企てれば、将軍の権威は落ちる
一方なので、やめることにしたと話します。

義輝は、麒麟の話を覚えているかと聞いて、
麒麟を呼ぼうと思うが、うまくいかないと
嘆きました。

そこで光秀は「私に考えがございます」と
提案します。今川義元を倒した織田信長
(染谷将太)に上洛するよう頼もうという
のでした。義輝は喜んで、光秀に信長を
連れて来てと頼みます。

* 東庵から光秀へのアドバイス

明智光秀は東庵を訪ねると、駒はいなくて
東庵1人だけでした。光秀は義輝の名を
明かさず、ある方に会ってきたと言います。

ある方が迷っていて、雲がかかったような
ので、その雲を払ってさしあげたいが
大きな山を前にしたようで、この足で
登っていけるか不安だと相談しました。

すると東庵は、この年になってわかった
事があると話しだします。手を尽くしても
助かる人と助からない人がいる。助かるのは
己の生きる力で病を治しているだけで、医者
はその手助けをしているだけというのです。

そして東庵は光秀に、目の前のことを1つ
ずつやっていくしない、山を登り切れば
良い眺めが見えると笑います。

やがて三好長慶が亡くなり
足利義輝が不敵に笑っていました。

コロナ禍のため撮影ができずに休止となって
いた「麒麟がくる」が放送再開されて、
本当によかったです。

長谷川博己さんがインタビューで語って
いましたが、コロナ禍の現在と麒麟がくるの
混沌とした戦国時代が、ダブル部分があると
私も感じましたね。今回の最後の東庵から
明智光秀へのアドバイスも、さらに重みの
ある言葉と感じました。

麒麟がくる 感想あらすじネタバレ
麒麟がくる キャスト

関連記事

ページ上部へ戻る