エール 40話 紺碧の空で早稲田大学勝利!

早稲田大学応援部団長の田中隆(三浦貴大)
の「野球をがんばってる人のラジオを聴いて
がんばれる人がおる。がんばる事がつながる
んや」という言葉を聞いて裕一(窪田正孝)
は曲づくりをはじめます。

翌朝、寝ている団員たちの中、田中のところ
へ行った裕一は「団長、書けました」と
「紺碧の空」の五線譜を渡しました。

田中は「先生、紺碧の碧が、壁(かべ)に
なってます」と言ってきます(笑)

* 紺碧の空が完成する

事務局長(徳井優)が小山田先生に作曲を
依頼すると聞かないので、小熊(一ノ瀬
ワタル)は猿ぐつわして黙らせました。
ラジオだけは聴けるにしてあげます。

田中は「お前たち、慶応との決戦が始まる。
この3年間の屈辱を晴らす時が来た!
紺碧の空で、若き血を倒す!早稲田ここに
あり」と檄を飛ばします。

神宮球場で、田中は慶応応援団の御園生
新之助(橋本淳)とシェイクハンド!
サイレンが鳴って、第1戦が試合開始です。

* 早慶戦の結果は?

初戦は1対2で敗北し、2戦は早稲田の
三原のホームスチールで勝利しました。

3戦前に、裕一は合唱指導してから
音と一緒にスタジアムで観戦します。
工場の控室で、田中の親友の清水誠二
(田邊和也)が早慶戦のラジオを聴いて
いましたね。

バンブーでは保(野間口徹)恵(仲里依紗)
佐藤久志(山崎育三郎)がラジオを聴いて
います。3戦は、5対4で早稲田が勝利し
大盛りあがりとなりました。

* 裕一「救われたのは僕の方です」

屋台のラーメンを食べながら、裕一と音が
話します。まんぷくラーメンでしょうか?

音は知らない人同士に一体感が生まれた
事に興奮し、裕一がまた音楽に向き直って
くれて、うれしいと話します。

裕一は「音のこと、もっと好きになった」
と照れながら言ってると、田中たちが
現れ、大学は大騒ぎになっていると
報告しました。

田中が「早稲田を救ったのは先生です」と
言うと、裕一は「救われたのは僕の方です。
おかげで目が覚めました」と感謝し
小熊は田中に大好きだと告白します(笑)

田中は「まったく曲が採用されない先生に
エールば送りたいと思います」と言い
団員たちと「フレー!フレー!古山」と
エールを送ってくれてから、みんなで
「紺碧の空」を歌いました。

* 志村けんさん再登場

工場の清水は、天下無双のバッテリーと
書かれたボールを持って涙目でしたね。
第六応援歌だった「紺碧の空」は第一応援歌
に昇格し、今も力を与え続けています。

事務局長は小山田先生(志村けん)のところ
へ行って、謝っていました。

裕一と音(二階堂ふみ)は早稲田のペナント
をもらってうれしそうです。

* 裕一と木枯

裕一がコロンブスへ行くと
木枯(野田洋次郎)が声をかけてきます。
木枯の曲が再発売になったとポスターに
貼られていました。木枯は最初に出した時
B面だったのにと不思議がりました。

木枯は裕一を録音室へ連れて行って
いろいろ聞いて心配していた。大丈夫?
と聞いてきます。

裕一はもう一度がんばってみようと思って
いると話し、曲を書けなくなった経験は
あるかと質問しました。

木枯はギターを持っていれば、何かしら
浮かんでくると答え、曲が浮かばないのは
どういう気分かと質問を返してきます。

裕一は「僕ずっと自分を見てた。ひたすら
自分、自分。僕の頭の中。僕でいっぱい
だった。そこに誰も入る余地がなかった」
と答えました。

木枯が、僕の頭はかわいい女の子でいっぱい
だと言うと、裕一は自分の力に固執して
独りよがりだったと反省します。

木枯は、やはり君は天才だよと褒めますが
裕一は、これから僕は何をしたらいいか
わからないと迷いました。

木枯が、誰かを思い浮かべるんだろ?
目を閉じてみたら?とアドバイスすると
裕一は何かに気づいたようですね。

* 裕一、自分の殻を破る

音が潔子(清水葉月)と音楽学校の廊下を
歩いていると、千鶴子(小南満佑子)が
「やめたと思った」と声をかけてきます。

2次選考まで時間がないのに、あなたは本気
で歌手をめざしてるの?それとも私がいる
から諦めるの?と聞いてきました。

音は、今から千鶴子の技量超えるのは無理
だと諦めていたかもしれないが、技量だけ
じゃなく、心から生まれるものだと裕一
から知ったので、オペレッタ勝ちに行きます
と頭を下げます。

一方、裕一は村野鉄男(中村蒼)を呼んで
一緒に曲を作って、佐藤久志に歌ってもら
おうと呼びかけていました。田中の言葉で
裕一は一気に殻を破りましたね。

エール あらすじと感想
エール キャストと人物相関図

関連記事

ページ上部へ戻る